miyabuの雑記帳・雑談の広場

政治・経済・スポーツ・世相雑感。コメント投稿歓迎。

百舌を見かけなくなりました。

2016-10-18 | Weblog

(八ヶ岳山麓の樹海)

歳時記を見ていて気が付いたのですが、百舌がいなくなりました。もう何十年も百舌を見かけていません。昔は苅田の竹棒の天辺で、縄張り宣言の声を張り上げていたのを、見かけたものでしたが幻のような記憶になっています。苅田に野ネズミも、カエルもいなくなったので、エサが無くなり、百舌も姿を消したのか。それに引き換えカラスと、椋鳥の繁殖がひどく公害になりつつあります。最近のカラスは、スズメの巣を襲い、卵は勿論、孵化した小雀を食べているようです。カラスと椋鳥を相当数捕獲処分する必要がありそうです。椋鳥は鵯に似ているので、食用にしても美味しいと思うが、カラスは食用になるのかな?。戦中、戦後の食糧難時代、ツグミ、ヒヨドリ、スズメには、随分お世話になりました。

中近東のイスラム諸国や、朝鮮半島では女性に対する差別が大きいことは知っていましたが、インドがそれにもまして、男尊女碑の国だとは驚きましたnews.ameba.jp/20130301-725日本も男尊女卑の国だと、誤解しているような話も、一時ありましたが、日本は昔から男性の担当、女性の担当の、区分が明確にあり、お互いにそれを尊重して、平和な家庭、平和な社会を築いてきたのです。日本の社会では、男性の月給をそっくり主婦である奥さんに渡しています、そんな国がほかにあるでしょうか。それが最近は、変な思想がもてはやされ、男も女も同じ仕事をするのが、平等だとか、家計もお互いに出し合って、生活する風潮があります、男と女は肉体構造からして根本的に違うのですから、これでは逆に女性虐待になっています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小池都知事が宮城に力を入れ... | トップ | 藤田清美と5人展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL