雅工房 作品集

長編小説を中心に、中短編小説・コラムなどを発表しています。

GO,GO,GO !! ・ 小さな小さな物語 ( 876 )

2016-10-12 11:42:47 | 小さな小さな物語 第十五部
「ポケモンGO」、大変なことになっているようですね。
社会現象と表現すべき大ヒットには拍手を送りたいのですが、アメリカなどでは、すでにいくつかの事故が発生しているようです。どんなレジャーにも事故は付き物だと言ってしまえばそれまでなのですが、どうも黙認できないような現象も発生しているようです。
他人の私有地に無断で侵入してしまうとか、公共用地を他の利用者に大きな影響を与えてしまうなど、これからトラブルが増えるのではないかと心配してしまいます。容認派の人に言わせれば、ドローンほどの危険はないし、かつて正月の風物詩であった凧揚げなども、他人の土地の空を勝手に使っていたのだから、難しいことは言いなさんな、とすまし顔です。
さて、大きなトラブルの元にならなければいいのですが。

ロシアのオリンピック参加問題が難しい局面を迎えています。
ドーピング問題が国家ぐるみだと認定された感があり、スポーツ仲裁裁判所もロシア・オリンピック委員会と同国の68選手による訴えを棄却する裁定を下したことにより、少なくとも陸上選手のオリンピック参加が厳しい状態となりました。
スポーツ界において、ドーピング問題は看過できない課題だそうで、このような厳しい判断もやむを得ないという意見は少なくないようです。
しかし、これによって、ロシア自体がオリンピックをボイコットしてしまうのではないかという懸念が感じられます。
違反は違反として厳しい処罰は必要なのでしょうが、おそらく、選手の多くは被害者ではないかと想像され、何とか穏便な方法を見つけ出してほしいものです。
それにしても、国際陸上競技連盟もスポーツ仲裁裁判所も、思い切って「GO」のサインを出したものです。

国内では、東京都知事選挙がますます熱を帯びています。それも、このところは、政策論議でない所で白熱化しているようです。
かの有名な某週刊誌が、候補者の一人に対して、それこそ目玉が飛び出しそうなトラブルを記事にしました。当候補者は、即座にその週刊誌の編集長を訴えたようですが、週刊誌側は自信満々のようですし、ある著名な元某市長は、「他の人のトラブル報道には説明せよと厳しく指弾しながら、自分のことになれば告訴だというのはどうか」と候補者の態度に異議を唱えています。現職時代に厳し指弾を受けたことがあるような感じですが、参戦も辞せずといった感じです。
いずれにしても、選挙期間のことで、かなり神経を使うことだと思うのですが、思い切った「GO」を発信したものと興味津々です。

何事につけ、「GO」サインを出すということは決断を必要とすることでしょう。
あるプロ野球監督経験者は、スクイズの「GO」サインを出すのには、大変な勇気を必要とすると言っていました。失敗すれば一瞬にして三塁ランナーを失ってしまうからです。一般的に、ノーアウト三塁の場面でスクイズのサインを出すことは少なく、ワンアウトになってからスクイズのサインを出すことが多いそうです。つまり、何とかスクイズではない形で得点できる方法を模索したいわけです。
上記した「GO」は、いずれもノーアウトで出すスクイズのような気がします。いずれも失敗した時の代償は大きそうですが、いくら選挙中であっても正すべきものは正さなくてはなりませんし、悪意であれば、厳しく糾弾されることになります。
相手が大国であっても、正さなくてはならないものは正さなくてはなりません。しかし、一歩間違えれば、オリンピックの危機につながるかもしれません。
「ポケモンGO」にも危険を感じます。発生する事故は大したことはないでしょうが、事故に遭う当事者個人にとっては決して小さなダメージではないはずですから、十分な注意を心がけたいものです。

( 2016.07.23 )
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経済効果 ・ 小さな小さな... | トップ | こんな人に一票を ・ 小さ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL