雅工房 作品集

長編小説を中心に、中短編小説・コラムなどを発表しています。

愛児を亡くす ・ 今昔物語 ( 24 - 43 )

2017-02-10 12:53:08 | 今昔物語拾い読み ・ その6
          愛児を亡くす ・ 今昔物語 ( 24 - 43 )

今は昔、
紀貫之という歌人がいた。土佐守になってその国に下っていたが、やがて任期が終わった。

貫之には、年の頃七つ八つばかりの男の子がいたが、かわいらしい子であったので、とても慈しんでいたが、数日患ったのちに儚く死んでしまった。貫之の悲しみは大きく、泣きまどい病気になるばかりに思い焦がれていたが、やがて数か月が経ち、国司の任期も終わったことでもあり、このようにいつまでも悲しんでばかりいるわけにもいかず、上京することとなった。
「いざ、出発」となると、あの子が此処で、いろいろと遊んでいたことなどが思いだされて、どうしようもなく悲しくなって、柱にこう書き付けた。
 『 みやこへと 思ふ心の わびしきは かへらぬ人の あればなりけり 』
 ( 都へ帰るとなれば楽しいはずなのに、これほどわびしく思われるのは、帰ることの出来ない子が、いるからなのだ。)
京に戻った後も、その悲しみの心は消えることがなかった。

その国司の館の柱に書き付けた歌は、鮮やかに今も消えることなく残っている、
となむ語り伝へたるとや。

     ☆   ☆   ☆


* 本稿は、あの『土佐日記』からのものであるが、土佐日記では亡くなった愛児は女の子になっている。

     ☆   ☆   ☆
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 異国からの絶唱 ・ 今昔物... | トップ | 先立たれた人の歌 ・ 今昔... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL