雅工房 作品集

長編小説を中心に、中短編小説・コラムなどを発表しています。

経済効果 ・ 小さな小さな物語 ( 877 )

2016-10-12 11:41:25 | 小さな小さな物語 第十五部
「ポケモンGO」、やはり、かなりの騒動になっているようです。
まあ、「単なるゲームの一つじゃないか」と超然と見過ごすのも、それこそ一つの方法でしょうが、下手をすると、日常生活に少なからぬ影響が出てきそうな予感がしています。
すでに、交通事故や、衝突や転倒などの事故、あるいは一般社会人では考えられないようなマナー違反も発生しているようです。
このゲームの基本原理は今回が初めての物ではないそうで、「ポケモン」と言うアイテムを組み合わせたことや、当然多くの人を引き寄せる工夫もなされているのでしょう。「このゲームには、狩猟と採取という人間の本能を刺激する所があるのが素晴らしい」といったご高説を述べられていた方もいますが、たいていのゲームはそうなっていますよ。さらに加えるとすれば、「戦う本能と、貯め込む本能」などでしょうか。

ゲームに限りませんが、新しい制度やルールが登場すると、歓迎する声の裏には、必ずと言っていいほど反対、あるいは消極意見も顔を見せるものです。
その消極意見派になるわけではないのですが、「ポケモンGO」の問題点を一つ挙げさせてもらいますと、「ポケモンをどこに登場させてもよいのか」ということです。
すでに、一部の神社や施設などでは、登場させないように運営会社に申し出たと報道されていましたが、それに要した直接間接の費用は、誰が負担するのでしょうか。まさか、申し出た施設などが負担するというのではないでしょうね。運営側は、この点をはっきり意思表示すべきだと思います。
このま放置しておけば、この後、バッタ物のようなのが登場してくるでしょうから、中には、通常では入れないようなとんでもない場所専用の「冒険もの」が出てくる可能性があると思うのです。

わが国がどの程度なのかはまだよく分かりませんが、海外からの映像などでは、すでに大ブームと言う感があります。
そこで、やはり「経済効果」云々という話も出てきています。
株式市場では、任天堂の株価が大変上昇したとか、関連する会社の株式も値上がりしているとか、その関連する企業というのも、どんどん広がって、靴を作っているメーカーまでが値上がりしているそうです。歩き回る人が増えるので、靴の消費が増えるかもしれないというわけです。
このゲームの生産や運営に関わっている企業の場合は、収益向上が期待され「経済効果」は少なくないことでしょう。
しかし、よく話題にされる「経済効果」とは、その事柄により動く資金の規模を言うのであって、富を生むこととは違うのです。例えば、「何々チームが優勝すれば、その経済効果は百億円を超す」などと報道されることがありますが、それは、フアンが喜んで乾杯したり、特別セールの売り上げなどを加えた金額を言うのであって、新しく富を生み出すということとは全く違うのです。
「ポケモンGO」による経済効果として膨大な金額をぶちあげている人がいるようです。しかし、もしそれが本当だとすれば大変なことで、その金額だけ消費が増えるということですから、利用者は精神面では満足を得るとしても、懐はそれだけ寂しくなるわけです。別に収入が増えるわけではありませんから、蓄えを減らすか、他の消費を節約するしかありません。蓄えを減らす分には日本経済にプラスに働くでしょうが、節約する分は、他の企業の業績の足を引っ張ることになるでしょう。

何かと話題の多いオリンピック誘致もそうですが、「経済効果」という数字に浮かれることは慎む必要があります。大切なのは富の創出であって、資金だけが動き回る時には、多くの場合は、限られた人が富を享受し、多くの人が富を失うというのが現実のようです。
東京都知事選挙も終盤戦、多くの公約が飛び交っています。政府は、大型の経済対策を模索中のようです。どれもこれも、私たちの生活を豊かにしてくれそうにも見えますが、多くの場合は、恩恵は限られた人に偏りがちです。
公正・公平な為政者を選びたいものですが、「経済効果」などと言った言葉に踊らされない、どっしりとした生活態度も必要な気がします。

( 2016.07.26 )
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朱に交われば赤くなる ・ ... | トップ | GO,GO,GO !! ・ 小... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL