雅工房 作品集

長編小説を中心に、中短編小説・コラムなどを発表しています。

葬送の歌 ・ 今昔物語 ( 24 - 40 )

2016-10-20 08:40:26 | 今昔物語拾い読み ・ その6
         葬送の歌 ・ 今昔物語 ( 24 - 40 )

今は昔、 
円融院の法皇(第六十四代円融天皇)が崩御されて、紫野(ムラサキノ・平安京の北方一帯を指した)に御葬送申し上げたが、先年、この地に子の日の行幸(新年最初の子の日に、若菜を摘んだり小松を抜くなどして長寿息災を祈る行事)があったことなどが思い出されて、人々は深い悲しみに打たれていたが、閑院左大将朝光(カンインノサダイショウアサテル)大納言は、このような歌を詠んだ。
 『 むらさきの くものかけても 思(オモヒ)きや はるのかすみに なしてみむとは 』 と。
 ( 紫の雲(聖衆の来迎を意味する瑞雲)がかかっているこの紫野の地に、子の日の行幸を楽しまれたが、春の霞のように虚しくなられるとは誰が予期したとだろう)

また、行成(ユキナリ・藤原氏)大納言はこう詠んだ。
 『 をくれじと つねのみゆきに いそぎしに 煙(ケブリ)にそはぬ たびのかなしさ 』 と。
 ( 日頃の行幸には遅れないようにとお供申し上げていたのに、冥土への旅にはお供出来ないことが、とても悲しい)

このように詠んだのも哀れなことだ、
となむ語り伝へたるとや。

     ☆   ☆   ☆




ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅立ち | トップ | 成功と失敗の分かれ目 ・ ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL