雅工房 作品集

長編小説を中心に、中短編小説・コラムなどを発表しています。

いじわるでしょうか

2017-05-20 08:10:48 | 麗しの枕草子物語
          麗しの枕草子物語 

              いじわるでしょうか


一の巻を読んで、その続きを探していたところうまく見つけて大喜び・・・。ところがね、読んでみたところがあまりのひどさにがっかり、なんてこともありますわね。これ、いじわるされているのでしょうか。

何事につけ、「私こそは」と得意顔をしている人をうまくだまし時は、すっきりとしますわ。それも、女どうしよりも男の場合は遥かに嬉しいものですよ。
「このお返しは、必ずしよう」と思っているだろうと、常に気が許せないのも面白いが、何とも感じていないような顔をして、相手を油断させたままでいるのも、これもまた面白いのです。
少々、いじわるが過ぎるでしょうか。

憎らしい人がひどい目にあうのも、「罰が当たるかもしれない」と思いながらも、ほんとは、とても嬉しいのですよ。
これも、私の嬉しいものの一つですが、大きな声では言えませんわねえ。


(第二百五十八段・嬉しきもの、より)
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嫌な予感 ・ 小さな小さな... | トップ | 今昔物語集 巻第二  ご案内 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL