気心は未だ若い「老生」の「余話」

このブログは、閑居の間に
「言・観・考・読・聴」した事柄に関する
 雑感を主に綴った呆け防止のための雑記帳です。

ピロル菌の除菌のこと

2017-04-20 11:56:26 | 故郷

一般にはあまり馴染みのないこのピロリ菌(正式名:ヘリコバクター・ピロリ)の罹患率は高く、日本では、50代以上の約8割の人が感染していると云われている。

胃の粘膜に生息しているこの悪玉細菌は、強い酸性の胃液に屈することなく、胃に住み続けて、胃壁を傷つけたり、胃粘液を減少させて胃の機能を弱化させる。

その結果、胃炎や十二指腸潰瘍、最悪の場合は、胃癌の発症につながる。その元凶が厄介な「ピロリ菌と称する病原菌」である。

当方は、昨年(H28.12)都内の癌センターで胃の内視鏡手術を受けたが、その胃癌もやはり、ピロリ菌が主因だったようだ。

この初期胃癌はお陰様で完全に除去された。そしてその際、術後半年以内に「ピロル菌」除菌処置をした方がよいと指示され、その服用薬も処方されていた。

だが、年明け以降、断続的に風邪気味状態が続き、体調もあまり良くなかったので、服用を避けていた。

先週に至り、やっと、処方されていた次の処方薬(2種類の抗菌薬と胃酸の分泌抑制剤:計3種)を1日2回、7日間連続服用した。

 

一度の服用量が多いので飲む時の抵抗感は多少あった。けれど、幸いにして当方の場合、服用の副作用による変な症状は全くなかった。

 

その症状としては、下痢、味覚異常、口内炎、腹部不快感、お腹の張り、発疹、気持ち悪い感じ、食欲減退、むくみ、胃の不快感、腹痛、肝機能検査値異常等が現れることがあるとのことである。

服用後、概ね3カ月後をメドに「尿素呼気試験」なるものを受け、除菌が成功しているどうかを確認することになっている。

処方指示通りに服用していれば、約75%の確率で除菌は成功するそうだ。 なお、万一この服用治療で除菌出来なかった場合には、抗菌薬の一つを変えて二次除菌を実施し、再び7日間服用することにより、除菌の成功確率は95%を超えるそうだ。

当方は、12月に「尿素呼気試験」を受けることになっている。何とか1回のみでの除菌成功を願いたいものである。

人体内では「悪玉菌」と「善玉菌」が互いに反目・抗争している。とよく聞くが、ピロリ菌と胃酸の関係についてよく知らない人も多いだろう。

ピロリ菌の有無検査は、街のクリニックで目的に応じた血液検査を受ければ、2時間足らずで判る。だから、胃腸疾患気味の成人は、まずは、ピロリ菌検査を受け、陽性反応の出た人は、胃腸疾患悪化防止上からも、「ピロリ菌除菌のための服薬」をされるようお勧めする。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愚かな邪推(米国のシリア空... | トップ | 故郷の「人口減」は先行き不... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。