宮城ラブ!仙台ラブ!

仙台の「昔」と「現在」のつながりを大切にしたニュースをの紹介です。

戊辰戦争なぜ西軍は,勝ち続けるのか!

2018年01月14日 11時22分49秒 | 日記
なぜ戦いを続けられたのか。」
江戸幕府時代末に西軍と東軍の戦い、戊辰戦争において
勝利を決める・・・決定的なことは、
近代的な戦闘の実践に経験の違いでした。

 薩摩藩の薩英戦争、長州藩の欧米諸国との関門戦争さらに
 幕府連合との戦いする
 
もう一つは、近代武器銃を利用する戦闘を研究していました。
 
松島湾の寒風沢に西軍が到着のとき
「軍の進みの遅さと軍装に古い」と
馬鹿にしてました。
 伊達藩は、最近数百の購入したばかりで
火縄鉄砲と弓に刀中心の旧態依然の武装で
5万人の出陣したのです。
数を並べただけの軍と言われました。

弓の射程は、15から20メートルとされます。
火縄鉄砲は、倍55メートル
新銃は、550メートルの有効射程でした。

ペーリーが浦賀に初めて到着してから
銃の改良が進みました
銃身に渦巻きミゾ、単発・連発の切換えのできるもの
また銃に先に何発を入れてるものもできました。

新銃を薩摩藩16,000丁佐賀藩2,000は、購入していました。

部隊に戦闘をたいしての食事や宿の営地を作り補充を考えて
また武器・銃弾の補充そして各部隊の連絡もよくしてました。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポチ袋とチップ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事