宮の実験室 -科学教育啓発活動記録-
科学教育啓発活動を展開中! 科学実験・工作教室の活動記録、予定を書き込んだ日誌です。関連話題も掲載しました。
 



野球、スケート、陸上、自転車、何れも左回り。
理由は「走る時に蹴る足が右、右利きなら左回りが走りやすい」
「心臓が左側で、左回りが安心」、等と諸説ある。
人間にとって左回りは馴染みがある。
では、時計の針はなぜ右回りか?
日時計は、太陽の動きによって棒の影の向きや長さが変わることで
時間を知る仕組みであり、右回りであった。
この日時計の動きにならって、機械時計の針も右回りとなったいう。
この右回りは北半球に住む人々の話であって、北半球であれば左回りである。
機械時計の発明は13世紀頃、北イタリアか南フランスだったと言われています。
機械時計の発明が南半球の国々であったなら、世界中の時計が左回りになっていたかもしれませんね。

「新潟日報 週刊こども新聞 ふむふむ」要約



 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 長岡クラフト... ロボットフェ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。