いちずもん

17才からドラマを創作し気が付けば……。亀を助けた覚えもなければ竜宮城へ行った覚えもないリアル浦島太郎の一途者です。

おんな城主直虎「復活の火」

2017-08-13 22:37:22 | 日記

あいかわらず、凄い。

あの一拍置くための囲碁でさえも来週、涙を誘う

もう捨てるとこなし、

森下佳子さんは、どこまで行くのか?

ミステリー作家に転身もありえるのか、それとも映像好き?だから脚本家にとどまるのか、

ほんと捨てるとこなし。

来週は、政次こと高橋一生ロス←ロスって喪失感を視聴者が味わうってこと?

しかし、憎まれ役に徹し、井伊家を守り、憎まれ役ゆえに本心に気づかぬ者が政次を討ってしまうという悲劇。

井伊家が再興される喜びと同時に、政次という自ら憎まれ役をこの身捧げて討たれてしまう。

せめてもの救いは、井伊の復活を直親(虎松の亡き父)に冥途の土産にもっていけること。

「さらば、おとわ」

それを想うと泣けてくるなぁ

一番の功労者が憎まれ役のまま葬られてしまう。

なんか、会社での俺みたい・・・

会社でネットを見ている人間に媚びる年配、

それに異を唱えて、ハブにされてる年少者(48歳

世の中って生き方がお上手な人間がいい思いをするようになってるんだな・・・

不器用な人間は冷や飯食い。

なんとか、一発逆転したいなぁ~

じゃないと社会は、世界は、真面目な人は報われないよ。

 

それはともかく、木、金、土と三連ちゃんでボディコンバットをしたのかな、

やっぱヘルニアを抱えているので、おっかなびっくりで、フットワークは足を極力動かさず、ジャンプキックはせず、声だけは出しているので枯れている。

が、楽しかった。

祝日コンバットは人が入るのかな。

一番盛り上がったし大入りだった。

とりあえず、痛みはないが、まだ臀部のハリと背中も感じる。

ヘルニアは厳しいね。

 

牛の歩み

12歩歩んだ。

50歩歩めればそれにこしたことはないが、30まで行ったらOKでしょう。

ちなみに、今書いてるのは、イメージモデル(主にグラドルかな)を立てて書いてるのだが、写真集よりももっといい方法があることを手に入れた。

やっぱイメージモデル(キャスト)がいるといいね

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 牛の歩みも一歩は一歩 | トップ | テレビの世界で戦いたい »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事