遠い記憶

他愛のない事を記します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

浜田省吾 横浜アリーナ 1日目

2016-11-20 | 日記
福岡を延期した後の、横浜アリーナ1日目でした。
声はいつもどおりでした。
全体的に丁寧にやっている感じで、
音も悪くない。初めの2曲ぐらいは、スネアの音がモコモコしているのと
少し音の分離が悪い気がしましたが、途中から気にならなくなりました。
ほんの少し全体音量を大きくすると、さらに良いと思いました。
バンドの演奏も、一定の緊張感があって、良い演奏でした。
今日の席は、近くはないですが、ほぼ正面でしたので
照明の全体とその効果がよく見えました。
非常に優れた照明です。ステージ上の照明が波打つのが、すごいと感じました。
アリーナCブロックで、PA卓、照明等のコントーロールが
全部見える位置で、コンピュータ化されたシステムが見られました。

セットリスト(演奏曲目)は、これまでの土曜日のモノとは
2曲が変更になっていました。
「ラストショー」と「今夜こそ」が入り、
「想い出のファイヤー・ストーム」と「土曜の夜と日曜の朝」がなくなっていました。
「想い出のファイヤー・ストーム」から「悲しみの岸辺」の流れの方が、ノスタルジックで良いです。

今回のアリーナツアーは3本を見たのですが、
「悲しみの岸辺」と「きっと明日」が印象的です。
相変わらずの「アジアの風 3部作」は、対応に困ります。
心にしみる訳でもなく、ノリが良いわけでもなく、
ただただ政治色を感じて不快です。
「アジアの風 青空 祈り part-3 祈り」はマイナーなメロディーも、詩も大好きなのですが、
本当にどうしてよいのか判らなくて困ります。
相変わらず「MONEY」「I am a Father」は、嫌いです。
「MONEY」は、その曲だけ違和感を感じます。
「I am a Father」の歌詞はリアリティがなさすぎます。
子供は「なぜ人は殺し合うの」とは聞かないと思います。
お父さんへの応援歌ととらえている人が多く、
なんだか人気の曲ですが、僕は嫌いです。なんだか安っぽいんだよね。
想像で書いているからなのかも知れません。
ともあれ、今日のコンサートは良かったです。

僕が見た3本の中では、長野初日が一番良いです。
悲しみの岸辺のノスタルジック感がすごく良く出ていました。
2011年のアリーナツアーも、静岡初日が一番よかったです。
緊張感って大切なのでしょうね。

明日の横浜2日目も、無事に開催される事を
心から願うばかりです。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JBoy30th Anniversary BOX | トップ | 浜田省吾「EDGE OF THE KNIFE」 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
横浜二日目 (RIN)
2016-11-21 22:56:07
アリーナAステージ側で観ました。音が従来のクオリティに
なっていたと思います。路地裏のサビの所で「今日は大丈夫」と思いました。(笑)

個人的な感想ですが「マグノリアの小径」の演奏(音響)が
一番良かったと思います。

12月10日さいたまが幸運にもmatchingで当選したので
このツアーの見極めをしてきたいと思います。
レポート有難うございました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。