あの山この山

゛あの山この山 ゛の案内を渡したのは私です。見にきていただきましてありがとうございます ♪ ~

兜岳920m 鎧岳894m 奈良県曽爾村

2012-11-28 | 奈良県

この登山は2012年11月下旬です。
以前倶留尊山(くろそやま)に登った時見えた山がこの2山です。
その時、鎧岳の迫力に圧倒されました。いつかは登ってやろうということで今回登りました。

鎧岳

県道81号線から見る、兜岳(左)と鎧岳(右)
この山は山と渓谷社のガイドブックにも書いていますがコース不明瞭な個所があります。
兜岳は登山口から途中まで明確なコースがありません。かすかな踏み跡(たぶん・・・)をたどって登りました。
また峰坂峠から鎧岳へのコースを間違い大変な藪漕ぎをするはめになりました。

左、車は県道81号線沿いの今井公園横の駐車スペースに止めた。この辺りは道路横にアチコチ駐車スペースがありました。
中左、登山は県道81号線から県道784号線、赤目(道路標識)を目指す。 中右 AM10:22道路を渡ったところに兜岳の登山道の案内がある。 右、AM10:24県道784号線を登山口に向けて歩く。

中、右、途中サン・ビッレジへの分岐がある。 反対側へ歩く。 標識、登山案内板あり。 AM10:39

案内板

右、中、AM10:46 長走りの滝。    右、AM10:55 兜岳登山口。 

兜岳登山口。 少し駐車スペースがある。 登山は祠の右から登る。 AM10:56

AM10:58 

左、AM10:59 少し歩くと笹の登山道になる。 右、木に巻かれたテープ。 

AM11:05 途中から登山道がなくなる。 わずかな踏み跡らしきものを頼りに登る。 写真の中ほどを登っていった。

AM11:11 写真の中ほどを登った。

AM11:12 登山道に出る。 ここを左へ。

標識 AM11:15  書かれているとおりここからは急登になる。

ロープの張られた登山道。 左、AM11:18      中左、AM11:24      中右、AM11:31      右、AM11:35

兜岳山頂 AM11:42

左、倶留尊山が見える。         右、車をおいた集落。

鎧岳へは一旦下る。 左、AM11:54     中左、PM0:03     中右、PM0:08     右、PM0:13

左、PM0:17     右、PM0:19

分岐 PM0:20

中、PM0:28 分岐 

中、PM0:34  鎧岳まで0.4kmの表示。 
私がコースを間違ったのはこの表示からすぐの右の写真の分岐。写真では分かりにくいですが左へ登る道と右への道がある。左のコース奥に赤いテープの印があり登って行ったが途中からコースは無くなった。
下山時、右のコースから下りてきた。ここは右に行くのが正しいコース。

もしかしたら以前はコースだったかもしれない、踏み跡の無い急斜面を登っていくと倒木と雑木に行く手を阻まれた。時間も有ったのでジャングル状態の中を登っていった。
途中いくつかテープが巻かれていたが登山道らしきものはなかった。

PM1:01 登山道にでる。

ここから山頂まではすぐ。

右、PM1:05 鎧岳山頂。 4人登ってきていましたが、やはり途中道が無く迷ったそうです。

山頂。

左、PM1:23 下山。     中、右、PM1:24 分岐。 下山口へ下りた。      

左、PM1:29 登山道。      右、PM1:33 標識。この分岐を登っている時ミスコースした。写真は登山時右に見えたコースから撮影。

PM1:37 分岐。 下山口へ向けて下りる。

左、中、PM1:43 分岐      右、PM1:47

左、PM1:47 表示     右、PM1:48

PM1:54 林道

左、中、PM1:56         右、PM2:06

左、PM2:06      右、PM2:07     県道81号線今井公園到着 PM2:20


コース

案内板


交通


山の位置


『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武奈ヶ岳 1214m 滋賀県 | トップ | 2013年初登山/六甲山/有馬温泉 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (きのこ山)
2012-11-30 22:22:42
頂上で写真を撮った者です、あの後新宅本店バス停まで下山の時も迷ってしまいました。迷いやすい山ですね!
Re:こんにちは (あの山この山)
2012-12-01 09:41:24
コメントありがとうございます。
こういう山を登った時、いつも赤いテープを持って来ればよかったと思います。
鎧岳の分岐はチョッとテープ巻くだけで迷うことがなくなります。
迷っての藪漕ぎはたまにやりますが、今回のはベスト3に入ります。
家に帰ってきたらアチコチ怪我していました。
またどこかの山でお会いしたいと思います。
その時はよろしく♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事