都政をくらし第一に

守ります。いのちとくらし、子どもたちの未来。 あぜ上三和子のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボート、カヌー会場の見直しにあたっての提案

2016-10-25 08:20:13 | 日記

 2020年東京五輪のボート・カヌー会場である海の森水上競技場について、日本共産党都議団は、立地が最悪で、整備費491億円を投入しても公平なレースは保証されず、大会後の維持管理が過度な都民負担になりかねないとして、見直しを求めてきました。
 小池知事は、ボート・カヌー会場については、都政改革本部のオリンピック・パラリンピック調査チームの見直し提言をうけ、総合的に判断するとしています。 総合的判断にあたっては、宮城県民の復興支援の願いを受けとめるとともに、整備費の削減はもちろん、競技選手に最善のレースが保障され、大会後も負の遺産ならない施設となるよう、徹底した調査にもとづく公平な検討が求められます。 また、調査や検討にあたっては、透明性が確保されなければなりません。私たち日本共産党都議団はこうした観点から、会場の調査、検討にあたり、知事への提案を昨日行いました。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊洲新市場 地下水管理シス... | トップ | 繰り返し五輪費用の透明化と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL