都政をくらし第一に

守ります。いのちとくらし、子どもたちの未来。 あぜ上三和子のブログ

1日も早く ホームドアを!

2016-08-19 16:15:24 | 日記

  東京メトロ銀座線の青山一丁目駅での視覚障害者の男性(55)のホーム転落死亡事故が、おきてしまいました。

 私は、この間、都議会で繰り返し視覚障害者のみなさんの切実な要望であるホームドアを都営地下鉄が率先して設置すべきだと求め、都営新宿線で現在ホームドアの設置準備が進められ、来年度から大島駅からホームドア設置がスタートすることになっています。

 同時に、JR やメトロなどのホームドアもあわせて早急に進める必要があるため、現地視察をするなどして対策を求めてきました。青山一丁目駅のホームをみて、点字ブロックの上に柱があるという、こんな危険な状態があるのかとあらためてびっくりした方もいるかと思いますが、写真はJR浜松町駅のホームで、こうした危険なところは、まだ多く改善されていないのが実情です。私自身『何とか改善して』という要望を受けて、現地に行き、こうした危険な状態がまだ多く残されている事態があることを知りました。 柱をずらすことはできないでしょうから、早急なホームドア設置等改善が必要です。

視覚障害者団体の方々が青山一丁目駅の調査をして、渋谷方面のホームでは、真ん中に9本の柱が、約4・5メートルおきに並ぶ場所があることがわかりました。柱がブロックを半分ほどふさぐ形です。

図

 時間帯によっては銀座線は、2分半から3分おきのダイヤとなっており、次々と電車がホームに入ってきます。1日も早く、ホームドアを設置すべきです。

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

71周年の終戦記念日。平和憲法を守り、生かそう!!

2016-08-15 16:05:17 | 日記

 

 71周年・終戦記念日の黙祷を今年は都議会控え室で行ないました。とりわけ今年は、「必ず多くのみなさんと力合わせて明文改憲を許さず、平和憲法を守り生かすために頑張ります」と決意をこめて黙祷しました。そして今、私が若い頃、多くの障害者の先輩達から、戦争中のつらい思い出を怒りで震えながら聞いたことを思い出しています。障害者を穀潰し、役に立たない者とののしり虐待されたと・・あの時代に絶対に逆戻りさせるわけにはいかないと思います(ナチスドイツではヒットラーの優生思想で障害者を大量虐殺した歴史があります。障害者の先輩達は、「殺されこそしなかったが家族までもが非国民と言われ、自分も石を投げられたり・・苦しかった」と。植民地支配と侵略という史実に向き合う大切さを私は、障害者の先輩達から学びました。二度と戦争はしないと誓った平和憲法と国民世論があったからこそ、自衛隊も一人の戦死者もださず、外国人の犠牲者も生まなかった・・・この日本の宝を守り生かすことこそ今強く求められているのだと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊洲の新市場建物内でベンゼン検出 農林省への開場認可申請は見合わせるべき

2016-08-10 17:29:36 | 日記

 今日、私たち日本共産党都議団は、小池知事に対し、築地市場の11月豊洲移転計画の抜本的再検討を求める申し入れをおこないました。舛添前知事は豊洲新市場は11月7日に開場することを決定しています。 しかし、築地市場の水産中卸業者は過半数が、11月7日移転の撤回を求め農水省等に要請したのをはじめ、多くの都民や市場関係者から、この決定の撤回や再検討を求める声があがっています。小池知事は、都知事選挙において「いったん立ち止まる」と公約し、就任後もその立場で対応することを表明しました。 撤回、再検討を求める理由の第一は、土壌汚染対策が極めて不十分なことです。第二の理由は、豊洲新市場の建物が水産棟の床の耐荷重不足が指摘されるなど欠陥等が明らかになっていることです。そのほか、中卸店舗が狭すぎてまぐろが切れない等問題が次々浮かび上がっています。知事の公約通り、いったん立ち止まって抜本的再検討をすべきです。団の申し入れ文書は、都議団ホームページをご覧ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公用車 野球観戦など『都の運用規則に違反』 舛添氏に返還要求を

2016-08-04 17:36:23 | 日記

  舛添前知事の公私混同問題、税金の私的流用問題で、日本共産党都議団が、議会・総務委員会で追求してきたひとつ「舛添前知事の家族との野球観戦や音楽鑑賞に行くのに公用車を使った問題」で、1日、都監査委員は「違法」として舛添氏に経費の返還を求めるよう都に勧告をしました。 知事を辞めたことで終わりにすべきでないと、日本共産党として、副知事に対しても申し入れをしていました。以下、その内容について日本共産党都議団の申し入れ文書を掲載します。

 

 多くの都民は、舛添知事の公私混同、税金の浪費について、辞職をもって終わりとすることには納得せず、引き続き真相を解明し、舛添氏の責任を明確にすること、また公用車の私的利用などの再発を許さない措置を確立することを求めています。こうした都民の声にこたえ、都として厳正な調査と検討を行うことが求められています。そのために少なくとも以下の事項についてただちに調査、検討を行うことを申し入れます。

 1、舛添知事の公用車運用の実態解明と責任の明確化

 舛添知事による公用車利用は、湯河原の別荘通いにとどまらず、「政務」の名による利用、さらに家族によるプロ野球観戦にまで利用するなど、きわめてルーズな運用が常態化していたといわざるをえません。その実態を明らかにし、公務以外の利用にたいしては経費の返還を舛添氏に求めるべきです。都としてそのための調査をただちに行うべきです。

 2、公務から逸脱した公用車運用の再発防止のためのルールの検討

 都民からは、知事の責任とともに、実際のルールとその運用のあり方に疑問の声があがっています。規則では公務に限定されながら、この規則がなぜ守られなかったのか、都として早急に検討を行い、再発防止のための方策を検討すべきです。

 3、N響コンサートやプロ野球観戦チケットの送り主の特定

 舛添知事は、N響コンサートやプロ野球の試合に家族ぐるみで招待されたことを認めましたが、招待券の贈り主が誰であるかを明らかにしませんでした。贈り主が都の利害関係者だとしたら利益供与にあたるものであり、誰から贈られたのかを調査すべきです。

 4、特別秘書の勤務と公用車運用の実態解明

 特別秘書は、局長級の給与を受け取り、公用車を利用していますが、横田特別秘書の勤務実態は不透明です。公用車の運転記録では自宅と世田谷区の往復を繰りかえすことが多く、都庁ではなく株式会社舛添政治経済研究所に出勤していたのかと疑わざるをえません。わが党はこの問題を質問しましたが、明確な回答はありませんでした。横田特別秘書の勤務実態を調査し、明らかにすべきです。

 5、海外出張が高額となった原因分析と責任の明確化

 舛添知事の指示による海外出張経費検討会にあたり、わが党は第3者委員会の設置や検討会の公開、都民意見の公募を提案しました。こうした提案が生かされることを改めて求めます。また継続審査となりましたが、わが党は宿泊費の削減をはかるための条例改正を提出しました。こうした提案をうけとめ、高額となった原因とその責任を明確化し、都民が納得できる改善策を示すべきです。

 6、都選管として政治資金規正法にもとづく厳格な運用

 舛添知事の政治資金規正法にかかわる疑惑の一つに、虚偽記載とともに、領収書に必要な支出目的を意図的に記入しないことが繰り返し行われていたことがあります。わが党が明らかにしたように、都知事になった2014年の政治団体泰山会の収支報告書では、添付された世界堂の領収書は5枚すべてが但し書き欄は未記載です。この収支報告書は東京都選挙管理委員会に提出されています。
 法規を厳格に遵守すべき知事が、政治資金規正法に反する領収書を都選管に提出していたことは見過ごせません。都選管として収支報告書と添付された領収書を精査し、厳格な対応をとることを求めます。

 以上

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新知事挨拶

2016-08-02 12:36:32 | 日記

 今日、新知事が都議会各党回りをおこないました。私たち日本共産党は代表して大山幹事長が、「我が都議団は17名、都民にとって良いことは賛成し、問題があればただす立場で対応させて頂きます!」等の挨拶をしました。新知事は、「女性も男性も子どもも高齢者も障害のある方も1人1人が輝く東京に努めます」と挨拶されました・・・・必ずその公約を実行してもらいましょう。たとえば「待機児ゼロ」の公約は、量も質も同時にきちんと充実させていくのか注視するなど、私たち都議団は、なかみをしっかりチェックし、より良い政策にできるよう頑張ります。舛添前知事問題の第三者委員会設置や利権追求チーム設置の公約も同様に疑惑解明を貫くかどうか注視し、発言していきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加