美和の徒然草 miwaing-myway

つれづれなるままに、日暮しパソコンに向かいて、心にうつりゆきよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば‥‥

園内の柿

2016年10月20日 08時20分16秒 | 果樹園便り

こんにちは。秋晴れのお天気が続き、日中は暑いくらいですが、

朝晩は心地よい涼しさですね。

畑の次郎柿もだんだん色づいてきました。

今年の次郎柿は 10月下旬から11月上旬が出荷のピークとなります。

富有柿は11月~12月はに入ってからがピークとなります。 

200本ほどある園内の柿の木です。

柿の実をたくさん付けていますが

まだ色づいていない柿がたくさんあり、葉に隠れてみえません。


↑こちらは次郎柿です。

秋が進むともっと朱くなり、美味しささらにアップします。

カリカリっと食べたい方は 今頃がおすすめです。

↑こちらは 早生の富有柿

まだ青いですが、充分甘くなっています。

カリッとした歯ごたえがお好みの方は 今の時期にお召し上がり頂けます。

もう少ししますと、更に色づいて、ねっとり、まったり、甘~い柿になります。

あとは、昼と夜との寒暖差が大きくなればなるほど、または、秋が深まりますと

さらに美味しくて甘い柿に育ちます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公民館まつり | トップ | 果実の甘味と寒暖差の関係 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。