えむのブログ

心の空間です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おやすみなさい

2009-01-20 23:40:21 | Diary
随分とお久しぶりでした。

あれから、色んな事がありました。

仕事でもプライベートでも。

切ない事が多い分だけ、幸せを感じやすい気がします。

切なさを喜びに変える力が身に付くのでしょうか?

ポジティブって事でしょうか?



でも、最近。

ちょっと疲れているんです。

ポジティブになりにくい。


そんな時はぐっすり眠ろうと思います。
 

   …


ただの睡眠不足って事?(笑)



   きっとね。

この記事をはてなブックマークに追加

行い

2008-11-30 12:36:32 | Diary
今日で11月も終わり、いよいよ12月です。
今年一年を締めくくる年。

どんな一年でしたか?
大変でしたか?
今も大変ですか?

ゆっくりでも
忙しくても
時間は止まりません。
そして未来は分かりません。

だから信じられる事が必要だと思うのです。
その為にも信じられる人になりたいと思います。
嘘偽り無く正直に。

そうする事は、裏切らない事になると思うのです。
また、裏切られたと思われないと思うのです。

惑わされずに心を信じていれば。
惑わさず心を信じてもらえば。

失った時間を埋めるのは大変だけれど。

この記事をはてなブックマークに追加

まだまだ!

2008-11-24 23:16:46 | Diary
今月って先月より平日が少ないので、働いている時間も少ないはずなのですが。
なぜ疲れてしまうのだーと分析してみました。

年だから。
寒くなって代謝が悪くなっているから。
精神的負担があるから。

・・・かなと。(笑)

でも、お陰様で。
この3連休に、心身共に少し楽になりました。

仕事は相変わらずな状況ですが、何とか出来る事が分かったので、このまま乗り切ろうと職場一丸になって頑張ってます!

まだまだ気を緩める事は出来ませんが。
今年もあと少しですから。

頑張ります!!!!!


この記事をはてなブックマークに追加

涙の止め方

2008-11-16 11:25:06 | Poem
何が出来るだろう?

そう思っても何も出来ないでいる。

ただ思う事が『出来る事』だと言いたくない。

それは、自分勝手なものだと思うし、場合によっては、相手の負担になりかねないから。

どうしようもない時は、ただじっと我慢する事も必要なんだと思う。

これまでそう思ってきたけれど、我慢出来ない事の方が多かったな。

自分勝手の表れだ。

それを、相手に押し付けてきてしまった。

自分勝手な思いを、心配しているのだと言う事に変えて。

自分がどうこう思われても良いや・・・

なんて、諦める訳ではなくて、ただ一筋に相手を思えば、我慢だって出来る。

そう分かったのは、随分大人になってからの事で、今思えば、その時はとても辛かった。

それを乗り越えたから、ちょっとやそっとの事では心乱れる事は無い。

ただ、心揺れた時は、人前でも平気で涙を流せるようになってしまったけれど。

どうやったら止められるのだろう?

誰か涙の止め方を知っている人がいたら教えて下さい。


この記事をはてなブックマークに追加

世の中

2008-11-15 02:40:26 | Diary
今、彼女はどんな気持ちで居るのだろう?
昼間受けた電話から聞こえたのは、いつもと違う彼女の声だった。

とても心配そうで、とても辛そうな声。

彼女は12月から父親の介護をする為、今の職場から居なくなる予定。
だから、私達は彼女にこれ以上の心配を掛けたくないのだけど・・・。
彼女が居なくなってしまうと、私達だけでは、これまでの訪問件数を減らさなくては、回りきれないのです。

一人に掛かる訪問が、60~90分間。
移動時間も合わせると、勤務時間内に訪問できる件数は5~6件。
昼休みはここ最近、ずっと無い。
そして、勤務時間を超えているのが現状。

そんな状況の中で、しかも、仕事で自分と同じ境遇の人達を見ている彼女は・・・どんな気持ちだったろう?

父親の病状が悪くなっても、今日はスケジュール通りに仕事をして。
とても辛かっただろうな。

私達への思いと、父親への思い。
葛藤の中、仕事をしていたに違いない。


今頃、彼女は父親の傍にいるのだろう。
安心していると良いのにな・・・彼女。


子が大人になっても、親にとっては子に変わりない。
親子の絆は特別なもの・・・だと思っているけれど。

大人になった子は、家庭を築き、親になる。
親になった子の気持ちは、変わってしまうものなのか?
年を取った親も、気弱になって変わってしまうものか?

自分の家庭を守る事が精一杯で、年を取った親の面倒を見れない子がいる。
面倒を見てくれないからと言って、愚痴を言う親が居る。
そこに、擦れて減った絆を感じてしまう。

そんなのは、極一部だけであって欲しい。

昔から比べると、段々と何かが狂ってきているみたい。

意識は自分だけではなく、皆で持つ事が大切なのに。
共通の理解が沢山あって良いのに。

便利過ぎる世の中は、努力する事を忘れさせ、心を薄れさせ、無駄な時間を生みやすいと思うのです。

ちょっと不便な方が良いのかもしれません。

世の中。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

分かってもらえますか?

2008-11-12 00:43:47 | Diary
井の中の蛙大海を知らず

この世には、自分の知らない事や、思いもよらない事が、まだまだ沢山有るんだなーと思っています。

今の仕事に就いてから、一層思うようになりました。

それは、人にも言える事なのです。

私の見たもの全てを、誰かに上手く伝えられたら良いのだけど。
たとえ、上手く伝えられたとしても、実際に見た私程には感じ取ってもらえないと思います。

その逆も然りで。
私だって同じ様に感じ取る事は出来ません。

同じ仕事をして、同じものを見ても、それぞれに感じ方は違うと思います。

だから、人それぞれ。

でも、別々って事ではないと思っています。
そう思ってしまったら、つまらないです。

人生。

自分以外の心もしっかり受け止めようと、日々心掛けているつもりです。

それって、看護師だから出来て当たり前って事ではなくて、人として大切な事だと思うんです。


でも、これは難しい事でもあります。

自分をいつも感じているのは自分ですから。
つい、自分中心に考えてしまうものですから。

でも。

これが出来ると、意外に苦しいんですよ。(苦笑)


分かってもらえますか?
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

その後・・・

2008-11-10 23:54:44 | Diary
その後…

思いっきり風邪を引き、その間、職場のパートさんがオメデタの発表をして、正職員2名内の1人が、12月付けで暫し転勤すると言う発表が有りまして、喜びと悲しみと苦しみの中で生きてました。

が。

悩んでいても、どうなる訳でもないですし。
とにかく、風邪なんか引いていたら、余計に苦しいだけですし。
その人にとって最も良い事になるのであれば、願ったり叶ったりですし。

とにかく自分が出来る事と言えば…。

遣れるだけ、遣ってやろうじゃないかーと奮起する事だし。
そして、もう風邪なんか引かないぞーと予防する事だし。

あれもこれも、どれもこれもなんて、人間は万能じゃないんだし。
今の自分が精一杯遣って、それで出来なければ仕方ない事だし。

でも、毎日クタクタに疲れて、自分ni『お疲れさん!』って褒めてあげたいと思うから。
そして、週末をもっと楽しみにしたいと思うから。

そして何より。

報われた時の嬉しさを皆で噛み締めたいと思うから。


とりあえず。


今日はもう寝よ。


おやすみなさい◎

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

風邪予防

2008-10-23 08:17:21 | Diary
現状は厳しく、後はどれだけ踏ん張れるかってところ。

仕事は有っても、働く人が足りない。

人が居ったら、大きく育つ職場なのになぁ~。

何故こうも、世の中上手く回らんのやろ?

何かが狂っている!


手洗い&うがいしましょ。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

仕事とプライベート

2008-10-11 09:09:52 | Diary
昨夜から今朝にかけて、小雨が降りました。

そして、この連休は晴れるようです。

休日は仕事は忘れて、思う存分楽しみたいと思うのですが、気付けば仕事を考える自分が居ます。

それは、人を理解し、その関わり方を考える事で、自分の在り方を考える事です。

そうする事は自分の成長に繋がっています…今のところ。

仕事を生活するための手段としている以外に、自分が成長するための刺激として捉えているのかもしれません。

だから、楽しいんです。
仕事も。


さてと。

昨夜はテニスを3時間ほどプレイして。。
早速、プライベートを楽しんでいるのですが。

今朝は美容院で髪を短くカットして貰ったり。<短くしたいと思っているだけかもしれませんが。

この連休も、張り切り過ぎず、色んな事を楽しんで参りたいと思います
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

正解

2008-10-10 00:56:54 | Reasoning
ずーっと考えているけれど、分かりそうで、分からない。
何がって?
それが分からない事なんです。

その『分からない事』を知ろうとする段階で、感じた事は…。

プライベートや仕事で、色々な人とめぐり逢い、その人を知れば知るほど、人生に『正解』とか『間違い』とか言えないなーと思うんです。

人それぞれ、過ごす環境(立場)が違うから、考え方に違いが有るのだろうし。

例えば。

親が子を大切に思い、育ててきたつもりが、他人から見れば、それは『親のエゴ』だと言えたり。

そう言う他人は、何故そう思うのか?…と考えれば、自らの考えが正しいと思うから言えるのだろうし。
でも、真実を語れるのは、『育てられた子』であり、『思われた子』なのだと思うのです。

子が成長し、善悪判断出来るようになり、一般常識を持って社会生活を送る事が出来る様になったら、親としての責任は一応果たした事になる。
けれど、親子の縁は容易く切れるものではなく、たとえ二度と会えなくなっても、命ある限り繋がっているのが当たり前なのだと思います。

子の中身が成長していなくても、見た目が成長していなければ、親は責任を果たしたと自身を持って言えるのでしょうか?

       …

親としての責任…そう感じるのは、いつかは親だけ感じる事なのかもしれません。
そう感じている事が『エゴ』だとは言えないと思います。
それが『愛情』だと思います。

『もう大人なんだから勝手にしなさい』…と言う、匙を投げるような事を言っても、何かと世話を焼くのは親ですし。
本当に匙を投げているのではなく、本当は、親以外から知って欲しい『大切な事』を教えるための言動だと思えます。<そう言う時は、感情的にも多少なっていると思いますけど。

そんな親に対し、その子自身が判断する行動こそが、現時点の『成長のあらわれ(結果)』だと思います。
だから、成長の評価をするならば、その子自身だと思いますし、その子選んだ道を最後までサポートし続けようと努力するのが、親であり、または愛情の持ち主なのだと思うのです。

そして、その子自身が、苦しくても悲しくても、一生懸命生きる事が『感謝』であり、『思いやり』であり、『正解』だと思うのです。

そうでなかったら、『エゴ』が全てに有ると言えるでしょう。


…何を言いたいのかと申しますと。

人それぞれに意思は必ず有るわけで、その意思の『弱い』『強い』は、その人自身が育てるもの。
そこまで生きて、何も無かったはずが無い。
感受性豊かなれば、色んな事を知り、考え、その意思は強くなるはず。

そして、意思は行動になって現れるのです。

ですから、周りの言う事が『正解』とか『間違い』とかではなくて、自分自身のとった行動が真実であり、それが『正解』になるのだと思います。

『人生』においては。

ただし、人を殺めたり、自殺を図ったり、『命を無くす行動は『間違い』だとハッキリ言えます。

だって、自分では気付いていない誰かをも、悲しませる事だから。
そう考えれば、それこそが『エゴ』だと思うのです。


だから、どんなに悲しくても、寂しくても、苦しくても、人の心を感じれば、生きていけると思うのです。
そして、一生懸命に考えて、生きる事は『間違い』ではないのだと…思える今。

ちょっとだけ、『正解』に近づけた様に思います。



そして、私の分からない事は『人生』ですね。(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加