美しい姿勢で話し方レッスン   shimaoka minobu          

美しい姿勢は、一生の宝物! 「見た目を磨くレッスン」と「コミュニケーション力を磨くレッスン」のヒント集

みんな悲鳴を上げている

2017年03月08日 06時51分51秒 | 日記、その他
今日3月8日は、国際女性デー、島岡美延です。
その象徴が、この季節に黄色い球状の花を咲かせる常緑高木のミモザなんですね。
世界経済フォーラムが発表した2016年のジェンダーギャップ指数で、日本は144カ国中111位。
100位以内もまだ見えず、10位以内なんて、夢のまた夢?
3月といえば、“保育園の結果”で、新年度からの生活が大きく変わってしまう運命の時期。
自治体側にしてみれば“落ちた”に入らない人でも、願った結果と違う人は多いよう。
年度末という節目に、仕事について考える人もいるでしょう。
父がお世話になっているデイケアの施設で、この3月で複数の職員が退職とか。
年末には、ケアマネージャーが健康上の理由で交代するということもありました。
世の中に欠かせないはずの保育園も介護施設も人手不足。
宅配業界もサービスを見直さないと、宅配という仕組みの維持が難しいと悲鳴。
女性も男性も働きやすく、必要なサービスを誰もが使える社会。
本当にそこへ向かっている?


『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本アカデミー賞の会場で | トップ | 動物の世界で、歌、歌、歌! »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
変えたくない人々がいる (桂)
2017-03-08 09:04:26
 いつも示唆に富む記事を拝読しながら、激しく同意しています。記事にもありますが、依然としてこの国は男女平等にはほど遠い社会。個人的な考えですが、それを変えたくない人々がたくさんいるという気もしています。
 小生が早期退職した最大の理由は、孫の面倒をみるため、正しくは娘の復職をサポートするためでしたが、上司をはじめ多くの方には理解してもらえませんでした。一言でいうと「なんで、そんな理由で・・・」と。
 政権批判をするつもりはありませんが、保育士や介護士への手当はとても力を入れているとは言えない状況ですね。孫の通っている保育園もスタッフの退職が多く、人材確保に苦労している由。また親族がお世話になっている障害者施設にいたっては危機的状況という・・・ついでにいえば、保育園や老人ホームは迷惑施設として設置反対運動も根強いですよね。小生の家にも署名を求めにきた人がいました。
 宅配便のスタッフについても、現場はもう大変なことは想像に難くなく、根本にお客様側に「お客様は神様だ」意識があることも一因だとは思いつつ、やはり業務量と人員のバランスの問題があるのだろうと思います。
 残念ながらいい方向に向かっているとは思えません。そうしたくない人が少なからずいて、その人たちが力を持っているから・・・と。ただ、今回のヤマト運輸の決断は個人的にはエールを送りたいと思ています。
 長文かつまとまりのないところで失礼しました。
桂さまへ (島岡美延)
2017-03-09 08:03:35
いつも熱いコメント、ありがとうございます。
本当に、個人個人の努力(犠牲)で、なんとか長寿社会と成熟した社会をギリギリ保っているのでしょうね。
変えたくない、といえば、世界標準からほど遠い「禁煙環境」で五輪を迎えようとするこの国。
2000年にNYに行ったとき、お酒が飲めるジャズのライブハウスでも、完全禁煙でした。
「変えたくない人々」に権力を与えている国民のレベル、ということになるのでしょうか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。