美しい姿勢で話し方レッスン   shimaoka minobu          

美しい姿勢は、一生の宝物! 「見た目を磨くレッスン」と「コミュニケーション力を磨くレッスン」のヒント集

柳家喬太郎、鮮烈デビュー

2017年02月12日 07時10分09秒 | 話す&聴く、コミュニケーション
西日本では記録的な大雪、島岡美延です。
雪で身動きが取れない車、列車…、受験生にとっても過酷な二月の試練です。
でも、困難を乗り越えて、この親子のような“春”をつかみとって!
映画『スプリング、ハズ、カム(18日公開)』をご紹介します。
落語界の鬼才、柳家喬太郎が映画初主演。
公式上映された東京国際映画祭では、海外の映画人から「あれは誰!?」と大型新人の登場に問い合わせ殺到だったとか。
娘を演じた石井杏奈とのコンビが絶妙です。
二月のある日、シングルファーザーの肇は、広島から夜行バスで上京し、春から東京の大学に通う娘の璃子の部屋探しに歩く。
そこで出会う様々な人々とのふれあい。
東京から深夜バスで帰るまでの、たった一日の小さな旅。
それが終わりに近づくころ、肇は璃子が幼い頃に死別した妻との思い出を語り始める…。
“ありふれていても宝物のような一日”を描きたいと、脚本も手がけた吉野竜平監督の語り口に脱帽。
喬太郎の実直なお父さんぶり、笑って、涙して…、最高です。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かなり凸凹なコンビ+娘 | トップ | 同じ地球に住まう家族として »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
遅くなりました(笑) (桂)
2017-02-14 13:55:50
諸般の事情で拝読が遅くなりました。
 喬太郎の主演、すごく楽しみです。
彼は一口で言えば、天才です。新作をドンガラとやるかと思えば、古典の大ネタをじっくり聞かせる。ある噺家が「あの方は器用貧乏ならぬ、器用大富豪です亅と言ってました。
 そんな喬太郎のことですから、どんなシーンも器用にこなせることと思います。演じているときに、空中にもう一人の喬太郎がいて、それを第三者として冷静に見ているのも彼の特徴。とにかく、演技を観たいです。
桂さまへ (島岡美延)
2017-02-15 09:11:25
桂さま、いつもありがとうございます。
タクシーの運転手をしながら娘を育てた…、という設定ですが、画面にむかって、思わず、「うますぎ!」と語りかけたくなります。
石井杏奈は饒舌じゃない娘で、存在感が素晴らしいです。
娘を持つお父さんの立場の方は、より、心に迫るものがあるでしょう。
本日見てきました (桂)
2017-02-21 14:56:34
島岡さん、本日見てまいりました。
 ひたすら感動です。その興奮のまま、記事をしたためトラックバックさせていただきました。
 島岡さんおっしゃるとおりの喬太郎の演技・・・素晴らしかったですし、石井杏奈がまたいいお嬢さんをよく演じていたように思いました。いい映画、ご紹介いただきありがとうございました。
桂さまへ (島岡美延)
2017-02-22 08:30:36
桂さま、喜んでいただけたようで、本当にうれしいです。
トラックバックもありがとうございました。
役者としての喬太郎さん、今後も興味深いですが、やはり、落語を聞くべきなのでしょうね。
かつて、定期的に落語家さんにインタビューをしていました。最近は高座へもなかなか行くことが出来ず…。

コメントを投稿

話す&聴く、コミュニケーション」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
スプリング、ハズ、カムに号泣 (アモーレ・カンターレ・マンジャーレ)
暖かくて、優しくて・・・