美しい姿勢で話し方レッスン   shimaoka minobu          

美しい姿勢は、一生の宝物! 「見た目を磨くレッスン」と「コミュニケーション力を磨くレッスン」のヒント集

“抑止力”にはなっていないのか

2017年05月17日 07時19分09秒 | 日記、その他
少し肌寒さを感じそうな一日に、島岡美延です。
昨日、一斉に報じられた「眞子さま、ご婚約へ」のニュース、おめでとうございます。
宮内庁関連のニュースで使われる写真が“海の王子のたすきをしたもの”というのにちょっと驚きましたが、親しみを覚えました。
喜ばしいニュースの一方、この春、多いのは次のようなもの。
「痴漢を疑われ、ホームに降ろされた男性が…」で始まるニュースは先月、「駅のホームから線路に降りて逃走しました」として、走って姿を消す映像が繰り返し流されました。
それがこの1週間で「ホームから逃げて、ビルから転落」「ホームから線路に降りたところ電車が…」など、重大な結果に。
ニュースの「痴漢を疑われた」という表現は、痴漢の冤罪も多い、という現実を示しています。
繰り返し流された“逃げていく映像”が、痴漢の抑止力になっていないのも確か。
泣き寝入りしていた女性たちが、痴漢は犯罪と声を上げられるようになったのは、いいこと。
冤罪を生まない、痴漢をなくす、その両方が叶う社会へ。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 樹齢2000年のオリーブが | トップ | 「猫侍」の次は、猫と忍者 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。