美しい姿勢で話し方レッスン   shimaoka minobu          

美しい姿勢は、一生の宝物! 「見た目を磨くレッスン」と「コミュニケーション力を磨くレッスン」のヒント集

誰の言葉を信じるのか

2017年07月11日 06時54分28秒 | 話す&聴く、コミュニケーション
昨日、7時間の閉会中審査、島岡美延です。
従来の主張を繰り返した印象ですが、やった意味はなかったのかというと、そうではない、と感じます。
自分が知っていることを冷静に語り続けた前事務次官。
話を聞きたい人は出席すらせず、答弁は「記憶にない」、もしくは「ちゃんとやっている」と根拠なく言い切る官邸側。
人間の記憶なんて“都合に合わせて書き換えられる”ものかもしれませんが、肝心なところで、簡単に忘れる…、ずいぶん便利なものですね。
言った、言わない。
あったのか、なかったのか。
双方の主張が食い違い、それを証拠で突き合せていくのが、裁判。
昨日の閉会中審査を“裁判員裁判”に例えてみましょうか。
裁判員は、目の前で語られる内容だけで、判断を求められています。
その時、「発言をしている人が、信じるに足る人物か」という“印象”が、実は大きいかも。
世論調査に「首相を信用できますか?」という質問があります。
「信用できるかどうか」って、抽象的なようで、かなり重大な要素なのです。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 未来は見えない、それでも | トップ | 例の暴言・暴行問題をあらためて »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。