美しい姿勢で話し方レッスン   shimaoka minobu          

美しい姿勢は、一生の宝物! 「見た目を磨くレッスン」と「コミュニケーション力を磨くレッスン」のヒント集

インドの天才数学者を見出したのは

2016年10月17日 07時11分08秒 | 話す&聴く、コミュニケーション
冷たい雨の月曜日、島岡美延です。
イベントが多い土日が行楽日和になったのは、よかったけれど。
ノーベル賞の発表があるとその技術が紹介されますが、こういうことを考えている人の頭の中って、どうなっているんだろうと思ったりします。
百年前に、天才と天才が、海を越えて出会うという奇蹟がありました。
映画『奇蹟がくれた数式(22日公開)』をご紹介します。
1914年、英国。
ケンブリッジ大学の数学者ハーディ(ジェレミー・アイアンズ)は、遠くインドから届いた一通の手紙に夢中になる。
そこには、驚くべき“数式の発見”が。
ハーディは、事務員だったラマヌジャン(デヴ・パデル)を大学に招聘する。
新婚の妻、老いた母を残し、英国へ向かうラマヌジャン。
学歴もなく、身分も低い彼を大学の教授たちは拒絶するが、二人は新しい証明に明け暮れる。
孤独と過労のため、重い病に倒れてしまうラマヌジャンに代わり、ハーディは奇蹟の証明に立ち上がる…。
アインシュタインと並ぶ天才、ラマヌジャンの物語。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気がつけば、9周年! | トップ | 髙島屋の美術コレクション »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。