永田満徳

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

俳句大学 Haiku Column 「今月の秀句」③

2017-05-19 01:36:47 | 月刊誌「くまがわ春秋」
『くまがわ春秋』5月号!
〜俳句大学 Haiku Column 「今月の秀句」③〜

◆『くまがわ春秋』5月号が発行されました。
◆俳句大学 Haiku Column 「今月の秀句」③が掲載されています。
◆この企画によって、二行書きによる「切れ」と「取り合わせ」を取り入れたHaikuを提唱して行きます。

The May issue of 「Kumagawa shunnjuuくまがわ春秋」!
〜Haiku Colum of Haiku University [Monthly best Haikus]〜
◆The May issue of 「Kumagawa shunnjuuくまがわ春秋」was published.
◆The serialization of [Monthly best Haikus] has begun.
◆Thank you for your cooperation.

Numero mai de [Kumagawa shunnjuuくまがわ春秋」!
〜Les meilleurs Haikus du mois de Haiku Colum de Haiku Universite〜
◆Numero mai de [Kumagawa shunnjuuくまがわ春秋」a été publie.
◆La serie des meilleurs Haikus du mois a commence.
◆Merci pour votre cooperation.

【今月の秀句】

Margherita Petriccione

autumn rain
travel diary on the fridge
[Commented by Mitsunori Nagata]

Journal de voyage: souvenirs notés pendant le voyage affichés sur la porte du frigidaire. Elle entend le bruit de la pluie d'automne et elle se concentre sur le souvenir de son voyage. Elle pense en même temps au prochain voyage.

マルゲリータ

秋の雨
冷蔵庫に貼った旅日記
【永田満徳評】
「旅日記」とは旅の思い出を記したメモ帳ほどのものであろうのか。旅情を誘う秋雨の音が聞こえるなかで、身近に貼り付けている「旅日記」を見ながら、旅の思い出にひたり、新たな旅に思いを馳せている様子がうかがえる。


Chantal Toune

Il vibre au on du corps de l'amante
Au loin le tonnerre.
[Commented by Mitsunori Nagata]
"Au son du corps" signifie qu'elle est enlacée, enveloppée par le corps de son amant. "Au loin le tonnerre" comme toriawase signifie, l'inquietude psychologique rapportée par le verbe vibrer. Cela décrit l'extreme délicatesse de la pensée de cette personne.

シャンタル

恋人の身体の中で震える
遠い雷
【永田満徳評】
「身体の中」とは恋人の身体そのものに包まれているか、腕に抱かれているかの状態を指している。「遠い雷」という措辞との取り合わせによって、精神的に不安定な要素があって、「震えている」ことがわかる。極めて微妙な精神の有り様を描いている。


Jean-Louis Chartrain

Fleur de prunier
Elle hésite pour sa premiere coloration.
[Commented by Mitsunori Nagata]
"La saison des pruniers en fleurs": les sensations sont plus claires, les vêtements deviennent plus légers, on voit que cette personne réfléchit à changer sa couleur de cheveux.Toriawase avec les pruniers en fleurs est excellent. Le sentiment féminin est bien exprimé.

ジャンルイ

梅満開
ヘアカラーの色に迷う
【永田満徳評】
梅が咲く季節に、気持ちが明るくなり、衣服が軽やかになって、ヘアカラーの色をどんな明るい色に変えようかと迷っている様が見て取れる。いち早く春を知らせる梅との取り合わせが秀逸で、女性の心理をみごとに表現している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「俳句教室」文學の森 | トップ | 菅野隆明句集『トンカラリン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。