難波宮って? 古代史のんびり散歩

時間だけは、タップリある定年団塊世代が、ズート気になっていた
古代日本史を素人の感性でゆっくり探訪します。

「白村江の戦い」 「太平洋戦争」 敗戦後の考察 その1

2017年12月06日 | 歴史

「白村江の戦い」敗戦後
 「太平洋戦争 終戦後のドサクサ」との
   類似性を考察する。 その1

 このブログは、1300年前に、その当時、世界最強の大国 唐と
朝鮮半島で、盟友、百済の存亡をかけた戦をし、百済の、白村江で、
今の世代の我々から見れば、当然の結果と思える通りに、
唐と新羅の連合軍に、大敗してしまい、辛うじて生き残った兵は、百済の、
敗残者を救って、共に命カラガラ倭国へ逃げ帰りました。
逃げ帰った後、その敗戦後に、何が起こり、日本がどうなってしまったのかを、
探り、想像することを目指しています。

 「え? それで何故、これから、太平洋戦争の終戦後を、述べようとしているの?」 

 当然の、疑問だと思います。
特に、戦後のバブル世代以降の方には、あの、太平洋戦争 終戦後の、
大混乱、大屈辱を、身を持って、経験をされていないのですから、
理解して頂くのは、とても、難しいと思います。
でも、知って欲しいのです。日本人の身に起こった惨めで辛い
昭和20年8月15日 からの不幸を。
戦争に負けるということの惨めさを。
そして、それを知った上で、1300年前の、「白村江の戦い」敗戦後
に戻り、考察することで、きっと、日本書紀に記載されていない、当時の
日本人の心が、例えようのない、不幸が見えてくると思うのです。

 このブログの筆者(ワタクシ)は、終戦のドサクサに生まれた、
いわゆるベビーブームの段階世代です。
当時幼なかった私にも、辛い嫌な思い出は、沢山あります。
そして、私の母親や、近所のオッチャン、オバチャンから聞いていた、
他の人に言えなかった、辛い話が沢山沢山あります。
それが全て、戦争に負けるとこんな目に遭うんだと分かる話です。
今回、このブログで、やっとその一端を話せる機会が来たと思っています。
 別にイキガッテいる訳ではなく、次の世代の人に、これからの日本の為に
是非とも、知っていて欲しい話なのです。
 この、ブログを制作中に、大正12年 生まれの私の母が、平成29年3月18日
その94歳の壮絶な人生に、別れを告げました。
彼女は将に、終戦後のドサクサを生き、苦しみ這いずり回った、
まさに終戦時の犠牲者でした。
その母が亡くなり、母から聞いていた終戦時の話を組み入れてブログを
綴っていきたいと思って居ます。

 このブログを御覧頂いておられる、戦中派、戦前派の皆様、
貴方が経験された、その辛い思い出の数々、貴重な経験を少しも知らずに
過ごしている今の若い世代に、少しでも知ってもらいたくはありませんか?
若い人に貴重な体験を伝えるには、もう余り時間が残っていません。
貴方は貴方しかご存じない、その貴重な辛い話を、今の世代の若者に
どう伝えればいいか、戸惑っておられるのではありませんか?
「こんな事は大したことじゃないし、ありふれた事だし。」
そう思って、人に伝え残されたことが沢山あるのではありませんか?
先輩方、その思いの一つ一つを、このブログのコメントに残して下さい。
若い世代が一人でも、少しでも、それを見て、心に留めてくれれば、
それだけでも、いいじゃー無いですか。
それは、この国の将来に取って、きっと大切なことだと思うのです。
貴方の貴重なコメントを期待しています。

 まず終戦後の年表を作ってみました。
懐かしい事柄が幾つも幾つも、でてきました。
そして、忘れて居た大事な事柄も。


 太平洋戦争 終戦後

昭和20年
  8月15日 終戦

        正午 天皇陛下の玉音放送
         「終戦の詔勅」朗読


 ノイズが多く聞き難かった事もあり、意味が理解出来ない人が多かったと
多くの先輩から聞いています。
玉音放送の後に、アナウンサーが内容を、何度も何度も繰り返し。
その意味についての解説もあり、ようやく、放送の内容の意味を
  <日本が負けたんだ>と言う事を、理解した人も多かったようです。

 私の母も、嫁ぎ先の、朝鮮の 京城で広場に召集が掛かり、整列させられて聞いたらしいのです。
でもその意味が、ノイズだらけで、よく分からず、次にどうしていいかを
広場に来ていた人は、戸惑っていたらしいのです。
すぐ後で、アナウンサーが何度も、降伏する旨を、連合国に連絡したと聞かされ、
整列していた、広場の人達が、最初は小さな声で、「戦争が終わったんだ。」
だんだん大きな声になってきて。「負けたんだ。」と聞こえだし。
だんだんと、皆その場を離れていった、そうです。

  8月28日 連合国 先遣隊 厚木に到着。

 先遣隊から、日本政府へ、これから日本本土へ進駐してくる、
戦勝気分に驚喜(狂気)している、兵の、欲求の捌け口を、至急整えろという、
要望→命令がある。

  8月28日 特殊慰安施設協会(RAA) 発足
        資金調達などに、池田勇人らが尽力。
        総計 5万人以上の婦女子
        一般新聞に、求人広告 内容を知らず応募した婦女子多し。

 特殊慰安施設協会(以後 RPP)がどういった組織で、
何のために造られたかを、ご存じの方は、最早少ないのではないでしょうか。
特に、バブル世代以降の若い方には、皆目見当もつかない、
話だと思います。
昭和22年生まれの筆者も、その記憶はもちろん、実体験もありません。
近所のオッチャン、オバチャン、私の母親から聞いた話し程度です。
でも、私が幼いときに、その話を近所のオバチャンから初めて聞かされた時、
途中から泣き出したと、そのオバチャンから、聞かされていました。
 その話の内容は、「… … … … 。」 
すみません、やはり私には、その話を書く勇気はありません。
インターネットで、「特殊慰安施設協会」を、
是非 検索して下さい。


新聞広告[編集]

 
特殊慰安施設協会の広告・毎日新聞1945年9月4日
 
 
    特殊慰安施設協会の広告 
 
(内容)・毎日新聞1945年9月4日  

毎日新聞1945年9月4日には

急告−特別女子従業員募集、衣食住及高給支給、前借ニモ応ズ、地方ヨリノ応募者ニハ旅費ヲ支給ス
東京都京橋区銀座七ノ一 特殊慰安施設協会
           東京新聞同日には
キャバレー・カフェー・バー ダンサーヲ求ム 経験の有無ヲ問ハズ国家的事業ニ挺身セントスル大和撫子ノ奮起ヲ確ム最高収入
 特殊慰安施設協会キャバレー部
              といった広告があり、当時は連日 出されていた[24]

              --ウィキペディア よりーー

 あの、毎日新聞、東京新聞が 広告を 連日掲載したんだ。
広告の内容を理解していなかったなんて、言い訳は通じないですよね。
特殊慰安施設の意味と役割を十分解った上、広告掲載の必要性を理解して、
掲載されたと思います。むしろそうあって欲しい限りです。

 実は、今年94歳で他界した、母が、京城から必死の思いで帰国し、
生活に困っているとき、この広告を見たようで、応募しようかと、
同じ時期に、京城から、帰国していた親友の、京子さんに相談したら、
「アカン!アカン!、あれは米兵相手の、売春婦やで。」
と教えてもらい、応募するのを止め、危なくえらい目に遭うとこやったと、
話していました。
 因みに、この京子さんは、母が京城で知り合い、一生付き合い続けた親友で、
母と同じように、京城に嫁いできて、その家に朝鮮人の泥棒が入り、
襲われて、命を無くし、本人の葬儀の日の最中 読経中に突然
「うるさいなあ、しずかにしてよ。」
と、棺桶から声がかかり、その後の騒動が、とても面白かったと、
式に参加していた、母がよく話していました。
当時の医療事情では、死亡確認が不確かな部分があり、このような事は
珍しい事では、なかったのでしょうか。
母から聞いていた、その後の京子さんの話は、とてもとても面白く、
NHKの朝の連続物語より、おもしろく、戦後の、女性の、生き様として、
凄い小説になるような女の人だと思っています。
そんな嘘のような話をすると、このはなしを聞いた人は、
皆、へーソオ!、
で終わるのですが、どうしても、京子さんの事で話しておきたいのは。
 私は母に連れられて、何度か、京子さんにお会いしているのですが。
いつ会っても、同じ若さの優しいお顔だったという、思い出なのです。
最後にお会いしたときの記憶は、母が60歳の時で、京子さんは
30歳中頃のお顔立ちに見え、女優の様に綺麗に思えました。
後からその話を、母にしたところ、
「変われへんよね、京城の葬儀の時から、一度死んだからやと
思うんやけれど。」

残念ながら、私と京子さんとの音信はありません。
母の葬儀の時、連絡できればと思ったのですが。
 時々話が脱線します。ご容赦下さい。
  <閑話休題!>


 戦争に負けると言う事は、どういう悲惨と屈辱が待ち受けているかを、
是非 知って下さい。
「特殊慰安施設協会」についての、貴重な思い出をお持ちの方、
是非 コメント下さい。後世に教訓として残しましょうよ! m(_ _)m
「特殊慰安施設協会」の設立当事者の方は、もう皆さん、口を閉ざして、
辛いその思いを、お墓の中に持って行かれたのでしょうか。
でもその話を、聞かれた方がおられましたなら、その話を是非コメントで
お教え下さい。
私は、その設立の経過を関連書を読み、関係設立者が、今自分がやらねば
と言う苦渋と決断を読み取れ、決して侮蔑する気持ちは毛頭もありません。
勿論、賛美することは、私が、近所のオバチャン、オッチャンから
聞いた話の、あまりの酷さ、重さから、到底出来ないのです。
でも、無謀な、米兵ヤンキーから、負けた我が国の婦女子、子供、幼児の
防波堤に成るシステムを造って下さった、その努力と信念を、
真摯に評価しています。

  8月30日 マッカーサー到着。

 パイプをくわえて、爆撃機から降り立った時の、日本人を
バカにした見下すような目つきは、とても印象的でしたよね。
でも後から、書かれた、回想録では、爆撃機の機中で、自分を
狙って、襲撃があるかもしれないと、聞かされて、周囲を気にしながら、
ヒヤヒヤして歩いていたらしいです。だから妙にキョロキョロと
していたんだ。(*´д`*)

douglas macarthur japan
「何や只の恐がりやんか?」

  9月 2日 米船 ミズリー号船上にて、降伏文書調印。

  9月 5日 「東京ローズ」逮捕

  9月15日 「日米会話手帳」科学教材社より刊行
          360万部のベストセラー

 戦争に負けて、米兵ヤンキーが遣ってきて、必要なものは?
庶民が切実に考えたのは、「あっ、俺英語知らん!」
「そもそも敵国語やゆうて、学校で習って無いがな。」
「「今日は。」て、英語でどう言うんや?」
この本が発行されたことを聞きつけて、焼け残った、本屋に、
頼み込んで、ヤット手に入れたと、近所のお兄ちゃんに聞きました。

  9月27日 マッカーサーと昭和天皇の会談
        以後10回会談

 

 10月    戦後初の宝くじ発売 一等10万円

  ーーその2 に続くーー

 10月 2日 GHQ 占領国最高機関 大手町 第一生命ビルに設置
   ≪報道規制、言論統制が始まります。≫ から始まります。


◎「白村江の戦い」 敗戦後? その1 へ戻る

 

◎ 難波の宮 古代史 年表 2017年作成 (追記校閲中)

◎「白村江の戦い」 の なんで? <本編 -その1->

◎ 「白村江の戦い」 のなんで? (前振り)へ

 ◎ 百済 白村江を求めて 韓国へ ーその1ー

 ◎ 百済旅行プラン ー旅行予定ーその2ー 


 ◎ 古代史 のんびり散歩    

    スタートページへ

 ◎ 目次ページ

 ◎ 「難波宮ッテ?」 古代史感のすれ違い    メイン ブログです。


  すみません。私は、理系出身で物を知らないド素人の定年組みです。記載内容に、非常識な内容、不快な表現等があるかと思いますが、何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。ご指摘頂けましたなら、早急に訂正変更いたしますので、ご指摘、ご指導お願いします。 記載内容に多少の大袈裟や、特に会話記載に省略や脚色を加えております。老人の戯言と、ご容赦下さいね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「白村江の戦い」 「太平洋戦... | トップ | 「白村江の戦い」 敗戦後 (... »

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事