「難波宮って?」 古代史のんびり散歩

時間だけは、タップリある定年団塊世代が、ズート気になっていた
古代日本史を素人の感性でゆっくり探訪します。

「白村江の戦い」 の なんで? -前振り-

2016年11月20日 | 歴史

念願の、

百済 白村江を求めて」 平成28年5月

  の旅を終え

 

 定年後始めた 《 古代日本史の旅 》

大化の改新から、平城京築営までの、各地探索を続け

念願の、百済 白村江の場所確定ができ、一区切りがつけました。

 

① 飛鳥の「大化の改新(乙巳の変)」 (西暦645年) 

 2014年5月27日 探訪

 [ 飛鳥 板蓋宮跡 ]

 ここから日本の激動が始まったのですね。

[ 飛鳥の宮跡 説明板 ]

 

② 世界に門戸を開く

 「難波の宮 築造遷都」 西暦645年 

[ 難波の宮跡 パノラマ ] 

 回廊の先左に、大阪城が見えます。

[ 難波の宮跡 案内板 ]

 

[ 基段の先に、生駒山を望む ]

 生駒山の向こうが奈良(飛鳥)です。

 

③「白村江の戦い」で 西暦663年

 唐に大敗北

 平成28年5月17日 探訪


白村江 州柔城方面から、対岸 群山方面を望む

  

④ 唐が攻めて来るぞ。 「北九州の守りを固めろ」

 西暦663年~672年

 平成26年4月16日~探索

 

 その異様な堅牢さに、当時の政権の動転ぶりが、現れているようです。

 急遽築城した、大野城から、大宰府を望む。

 

⑤ 飛鳥から逃げろ。 「大津の宮 遷都」

 西暦667年

  平成27年5月12日 探索

   

 

近江 蒲生野 恋バナ記念碑


⑥ そして 「壬申の乱」

 西暦672年 勃発 

 唐国 進駐軍(GHQ)統帥 郭務悰 唐へ帰国

 の知らせが入って直ぐ、「やっかいな、重石が取れた。」と
   大海人皇子の挙兵

 

 平成27年5月12日~15日 探訪

 近江の宮→芋ヶ峠→吉野の宮→鈴鹿→桑名→不破の関→安河→瀬田の唐橋

 

 

 

とアルバイトで小遣いを貯めて、それを軍資金にして、ゆっくと
見て歩きました。
そして気づいたんです。
それぞれの場所で、 「なんで?」が、いっぱい出てきたのですが、
 ヤッパリ、 「百済 白村江の戦い」が、その全ての謎の元だ、に行き着き。
その謎を、勉強しようと、書店通い、図書館通いをしても、参考に出来る、
文献、納得できる書籍に出会えないのです。
もちろん、白村江の戦いをターゲットにした、小説や論文は沢山あるのですが。
何か、論旨があやふやになり、知りたいところに出会えず、もやもやが
多くなるばかりです。

 白村江を求めての旅を終え、ド素人が、「俺は百済の、白村江に行って、
此の目で、見てきたんだ。白村江の川岸で、亡くなった倭国の兵士に、
黙祷を捧げてきたんだ。」
という、可愛げな思いだけで、専門家のそしりを気にせずに、
その謎を、列挙してみました。

そして、今も続いている、
「隣国 韓国との歴史観の、軋轢の原点もここじゃーないの」
と思ってしまいました。

 


 ◎ ダソク

  「壬申の乱」を企画、実行、ブログ作成をしたときと同じ、状況が
 起こっています。

  今回は、ノートパソコンの破損、ディスクパソコンの発火破損、
 何れも、少ない小遣いをハタいて、日本橋で購入した中古機です。 (*´д`*)

  ブログ作成中に、利用していた中央公民館の図書室で、
 事務員から「パソコンの使用は禁止です。他の人の迷惑になります。」 の一言。
 「えっ? これはタブレットです。付属のキーボードも、ゴムカバーの
 静音タイプです。大阪 電化街の日本橋で苦労して、探してきたんですよ。」
 キーを叩いて、音が出ないのを実践し、理由を確認すれど。
 「ダメと決まっていることですので、使用しないで下さい。」
 同じ市内の、中央図書館でも、他の公民館付属図書室でも、
  許可を得ているのに。!!
  ブログの作成は、家では、ついテレビに気を取られ、
  女房の、 「あれせえ、これしたか?」 に気が削がれるので、
  図書室がとても気に入っているのですが。

  なけなしの、小遣いで再購入した、パソコン(NEC メイト)やっと
  セットアップを終え、データの移行を終え、使い出した矢先、
  システム WIN 10の、 UP DATEをしておかねばと、
  実行すると、画面は、実行画面が次々に、進んでゆき ? 
  3時間たっても、処理実行中の、くるくる廻りが終わらない。
  仕方なく、強制終了。
  そして、再起動。
  ご想像通り、ピクリとも起動しません、
  画面すら消えたまま。
  よほど、 「白村江の事に触れられたくない。」と言うことなのでしょうか?
  そう思えば思われるほど、謎を突き崩したくなるのが、段階世代の習性です。

 

なんで?を求めて、本編 作成中


 


  ◎ 「白村江の戦い」 のなんで? 本編

   へ飛ぶ

◎ 百済 白村江を求めて 韓国へ ーその1ー

          へ飛ぶ

 

◎ 百済旅行プラン ー旅行予定ーその2ー 


 


 

◎ 古代史 のんびり散歩    

 

   スタートページへ

 

◎ 目次ページ

 

◎ 「難波宮ッテ?」 古代史感のすれ違い    メイン ブログです。

 


 

 すみません。私は、理系出身で物を知らないド素人の定年組みです。記載内容に、非常識な内容、不快な表現等があるかと思いますが、何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。ご指摘頂けましたなら、早急に訂正変更いたしますので、ご指摘、ご指導お願いします。 記載内容に多少の大袈裟や、特に会話記載に省略や脚色を加えております。老人の戯言と、ご容赦下さいね。

 

   

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「難波の宮って」 目次ページ | トップ | 「白村江の戦い」 の なんで... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。