三木市議 大西ひできの方丈記

日常生活と三木市議会議員の日常記

年間10人以上の精神疾患

2016年10月14日 | Weblog

見出しの数字は、

三木市役所の正規職員約500名(消防・看護職等を除く)の内

毎年10人~13人程度が長期(3か月以上)の精神疾患により療養休暇を強いられています。

通院だけや短期については統計が無いようですのでわかりません。


私は、この数字をもって皆様に、「だから職員は・・・・。」

と言う事をお伝えしようと言うものではありません。


皆様の税金を効率よく運営していく中で、職員は財産です。

そして、プライベートになれば家族もいらっしゃり、個人として活躍もされていることと思います。


しかし、毎年多くの職員が精神疾患で療養休暇をとり、通院をしなければならない状況と言うのは

異常としか言いようがありません。

先のブログでも書いたように、計画性なく事業を進めて、何の謝罪も無く勝手に変更・手戻りをする

ことも原因の一つではないかと考えますが、根本はまだ根深いものがあると思います。


上記には、正規職員しか記していませんが、正規職員以外の方も役所の上層部からパワハラを受けて辞めざるを得なかった

方もいらっしゃったようです。


しかし、当事者の皆さんは報復を恐れて公に口を開いてくれません。仕方がないことですがこれも事実なんです。


ハード事業は見栄えはいいかも知れませんが、運営をするマンパワーが一番大事なことは皆さんご存知の

通りです。しかし、今の三木市は異常な市政運営が人に及ぶ、終末期の症状を迎えています。


これらを打開する為には、多くの皆様の関心と行動が必要になりますので、ご理解を賜りたいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幼保無償化400万円軽減➡廃止... | トップ | 「虚偽」で世論誘導 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
職員の劣化が著しい (三木を憂う者)
2016-10-14 22:31:24
 精神疾患に罹る職員の数の多さが際立っている。
 これは、現場を無視した現市長のトップダウウンによる無計画で思いつきによる政策を現場対応しなければならない自己矛盾並びに本来やりたくない仕事や市民のためにならないと分かりきっている業務を、上意下達なる命令でせざるを得ないことのジレンマに起因するもので、一たん計画が遡上に乗ると副市長をはじめ部長連中が市長に物言えない腑抜けであり、これらの連中が部下を庇うどころか市長の顔色を窺い尻尾をふって市長にまとわりついていおり適正な判断を下せない管理職ばかりであるから、まともな事業が出来るはずもない。
 その結果は、10年たっても何らの成果がないこと、むしろ失政の数々が枚挙に暇が無いことで如実に現れている。
 今、市役所に用事で訪れても職員の活気を感じ取れず、市民から目線をそらす職員が大多数である。仕事に余裕がないのかいや仕事に自信がない証拠である。
 巷の噂によると、薮本市政に異議を唱える職員や退職前の有能な職員の多くは早期に辞めてしまっていると聞く。
 その穴埋めを嘱託職員やアルバイト職員の補充で運用しているのであるから三木市役所は人材危機に陥っており、このような職場環境を市内外の多くの者が知っているので、優秀な新任職員が三木市には寄り付かないのであり、既に負のスパイラル
に陥っていると言わざるを得ない。
 このような職員環境を成した悪の元凶が現市長であること、その負債は市民サービスの劣化となりすでにシワ寄せが来ており、近い将来には三木市の足枷になることを善良な市民は今、気が付かなければならないと考える。 
Unknown (Unknown)
2016-10-15 08:45:15
私は今の市長がよろしいとは思わない人間です。小さい街の市長としてはセンスがない。
なさ過ぎる。

しかし、職員もダメだ。
医者の診断書だけで長期休暇か。。
「ザ・公務員」って感じですね。


Unknown (Unknown)
2016-10-15 12:44:58
 公務員が診断書を取得し病気休暇した場合は、3ケ月の間、給与が100%支給される。
 その後は1年の間、休職届を出せば、給与の80%が支給される。当然ボーナスも80%支給される。
 しかし、これは公務員制度で予め決められていることであるから、このような民間に比べて優遇された制度を利用しない手はないのである。
 第一の原因は市長のパワハラであることは明らかであるが、第二の原因は、前述を含めて、療養休暇の職員が多くなっていると考えられる。
それ以上休むと無給 (市民AAA)
2016-10-15 23:52:59
どこの市の職員も三木市の職員も、普通は、市民のためになる仕事=やりがいのある仕事を、力の限り・能力の限り・・・頑張りたいと思っているはず。
民間も同じ。
でも、そう思えなくさせている何かが三木市にあるのは確か。
(それが藪本氏であると思っています。嘘の内容の記者発表や広報など、市民や議会に嘘をつくことを平気で税金でする人物ですから。異常極まりない。)
職員の療養休暇も、最初2年~3年?は何割か給与が補償されているが、それ以降は無給になるはず。(これは法律の問題?)
療養休暇の事をメインに取り上げているが、それだけでなく、ここ数年で、定年前の50歳中盤・後半の職員の早期退職にとどまらず、30歳代?40歳代の職員が退職していっているらしい。
税金を原資に給料をもらって、一人前になった職員は、市民の財産であるはず。
それは、民間も同じ。社に利益をもたらし、株主に配当が出るようにし、お客様に喜ばれる会社にするため、社員を大切に育て、一人前にし、また、その社員が後継の社員を育てる。途中で社員が退職されていかれる事が、どれだけ大変な事か?
民間の方ならよく分かっていると思う。
辞める方も、この年代で退職するのは、よほどの覚悟が必要。でもそうさせるだけの何かが三木市役所にあるという事。
また、職員の募集(技術系?)も夏時分と同じ内容で再募集していた様子。
聞くところによると、合格(次年度採用予定)者が、三木市に務めるのを辞退したらしい?
正規職員で就職が決まることが、どれだけ大変な事か?民間人ならよくわかるはず。
でも、三木市は就職する者にとって、受験はしても、他の就職口が見つかればそちらで就職する程度の職場と見られているという事。

そら、人口は急減するはず。

何か(市長)を変えないと、三木市は魅力のある市に変わらない。

明確なビジョンを持って市政運営する人物の出現を切に願う。
RE:それ以上休むと無給 (大西ひでき)
2016-10-31 10:03:50
コメント有難う御座います。
仰る通りだと思います。

労働基準法違反がまかり通り、極度な残業や精神疾患での長期療養、果ては若年退職。

血税を吸い上げるブラック企業かも知れません。
RE:Unknownさま (大西ひでき)
2016-10-31 10:06:32
コメント有難う御座います。

仰る通りです。

役所の仕組に大きな歪があることは間違いないと思います。
RE:Unknownさま (大西ひでき)
2016-10-31 10:13:20
コメント有難う御座います。

常識的な見解をお持ちの方は、そうおっしゃられるでしょうね。
「職員もだめだ」って

ただ、想像以上に、想像出来ないくらい常識をはるかに逸脱していたとしたら・・・。

言葉や文字では表現できないくらい
逸脱しています。としか言いようがありません。

真実を文字でお伝え出来ずに申し訳ありません。
RE:三木を憂う者さま (大西ひでき)
2016-10-31 10:22:33
コメント有難う御座います。

仰る通りだと思います。

一人の人間が組織をここまでしてしまう事が出来るのかと思うくらい危機感を持っています。

幹部職員の不甲斐なさには辟易とします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。