三木市議 大西ひできの方丈記

日常生活と三木市議会議員の日常記

三木市長辞職届 退職期日の明示せず

2017年05月17日 | 三木市政

本日、臨時の議会運営委員会が開催されました。

市長の辞表には退職期日が明示されていないので、退職期日の取り扱いについて

検討がされました。


方法として下記3点

①臨時会を開催する。議決の期日が退職期日となる。

②6月定例会初日(6月1日)にて諮る。議決の日が退職期日となる。

③何もしない。法廷期日(退職申し出の日の翌日から起算して20日目)である

 6月4日午前0時をもって自動的に退職となる。


結果として、①(25日)AM11:00~で、市長に議会を召集をするように提案をする事となりました。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薮本三木市長辞任について | トップ | 三木市長辞任に対するコメン... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
パフォーマンス?いやアホーマンスでしょ! (三木市民であることがアホらしくなった三木市民)
2017-05-17 22:40:30
議会を開こうが開こまいが6月4日で自動失職でしょ?
それなのにわざわざ議会に諮るべきことですか?
それより選挙費用数千万の税金ムダ使い。
市長に費用弁償をことはできないんですか?
訂正です (三木市民であることがアホらしくなった三木市民)
2017-05-17 22:42:51
失礼しました。
誤)市長に費用弁償をことはできないんですか?
正)市長に費用弁償を求めることはできないんですか?
お粗末なこと限りなし (藪本を糾弾する市民)
2017-05-18 00:13:04
自分の辞表もまともに書けない馬鹿者が長年、市のトップに居座り続けた現実を市民は
大いに反省しなければならない。要件を満たさぬ辞表なら、議会開催云々の前に、本人を呼び出して書き直させたらどうなのだ。
Unknown (Unknown)
2017-05-18 06:54:54
法律に従えば市長の任期は6月3日まで、1日から始まる市議会に薮本氏が出る。

市長派議員たちにわざと不信任動議を出させて可決し、議会解散させようとするかもしれない

市政を混乱させたくない反市長議員は不信任動議に反対せざるを得ないというおかしな状況となる。

それが狙いか?
Unknown (Unknown)
2017-05-18 07:23:29
退職期日を明記していないのは意図的であると思う。
北井副市長の退職期日がいつになっているのか分からないが、市長と副市長で口裏を合わせているに決まっている。私はそう思う。ちなみに、市役所のボーナスは、6月1日に在籍していないと出ないのでは?貰えるものは貰ってから辞めるような姑息な糞人間と見た。
1月の選挙に備えよう (白塗り仮面)
2017-05-18 08:39:42
様々な角度から考えると、7月の選挙は対抗馬として出馬することは得策ではないと思う。まかり間違って薮本が当選した場合、市民の信任を得たと言い張り、禊が終わったと1月の選挙では今までの不正を争点にしないで再選を図る意図が明白である。今回は無視を決め込み、しっかりと準備し1月の選挙に必勝を期すべきだと思う。そのためにあと半年間今回の「嘘つき辞任」を市民が一丸となって、あらゆる方面から追及し、風化させないことが必要だと思う。
Unknown (Unknown)
2017-05-18 11:57:09
市長が市長なら、職員も職員では?
辞表を渡されて中身を確認もせず受け取ったのでしょう?渡されたらなぜ確認しないんですか?確認して不備があるようならその場で指摘して書き直してもらえばいいじゃないですか!
三木市の税金は市長のお金じゃありません。好き勝手に使えないはずです。それを止められない議員さんたちもどうかと思います。
いろいろな意見 (市民)
2017-05-18 22:18:49
いろいろな意見が出ていますが、現市政に厳しい意見もあれば、誰かが立候補するのを牽制しているのではないかと思われる意見もあるようですねえ。
Unknown (Unknown)
2017-05-19 08:09:24
対抗馬なしで再選されたとしても、当然虚偽の証言をした幹部は総入れ替え。自分の保身のためなら周りはトカゲの尻尾切り。彼が職についてからは議会も役所内も落ち着きがなく、争いごとが絶えない。これだけの茶番をやってまで職に固執する姿は異常としか思えない。
今回の騒動は議会にも問題がある (Unknown)
2017-05-20 03:06:26
東京都議会で話題になった百条委員会を早期に設置しなかったのか疑問です。
そうすればこんな任期を半年残して中途半端に辞めるようなことはなかったはずです。

コメントを投稿

三木市政」カテゴリの最新記事