三木市議 大西ひできの方丈記

日常生活と三木市議会議員の日常記

故郷を見守る 

2016年10月31日 | コラム

 

めっきり寒くなりましたが、御身体大丈夫でしょうか?


週末は各地域で秋を彩るようなイベントが行われ、私も参加させて頂いてきました。


その後、日曜日(15時~)  前々から登ろうと思っていた山へ(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B9%E7%94%9F%E5%B1%B1


丹生山は三木を一望する山で、地元志染の郷を悠久の昔から見守ってくれています。

私も、小学校の頃から授業で度々登り、青年になってからは数度登っていました。

最近は、忙しさから見上げるだけで登ることは有りませんでした。

でも、毎日ワクワクして眺めていましたが。

 

毎日、郷から見る山に信仰的な思いがあるのかも知れませんが、また登りたいという思いにかられて登ってきました。

山の木々や自然に抱かれながら、自らがある事に感謝してきました。

 

感謝しながらおまけが・・・。

PS・・・。

下山場所間違い➡緊張感➡新しい発見 !(^^)!

スマホ壊れる➡写真無し➡即アポ出来ない➡でも、持っていなくて何故かゆっくり➡今はガラケーのみ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロポーザル | トップ | バイセリア市との姉妹都市交... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
情報を出さなくなった市長を土俵から降ろしてはダメですよ (市民AAA)
2016-11-08 21:13:36
市長は、近頃全く情報発信をしなくなりました。良い情報も、悪い情報も。
そんな市長の狙いは、4期目に向けて悪い一連の流れを洗い流すことにあるのは明らかです。
でも、あの市長の事ですから、あちこちでポカをしています。
たとえば、防災フェスを途中退席して緑が丘の老人会に顔を出す・・・など。(優先順位、間違ってるでしょ。っあ、票を考えれば正解?って冗談みたいな行動でしょ。)

情報を出さないのなら、1期目からのあの市長のマニフェストの達成状況再確認するとか、1期目で達成したから2期目はその取り組みをしなくなったものについて、その整合性を突っ込むとか。

場当たり市長・・・いつでも突っ込みどころ満載ですよ。
三木市のもう一つの悲劇 (先を憂う者)
2016-11-09 10:32:17
 【教育】とは、教え育てること。知識や技術などを教え授けること。人を導いて善良な人間とすること。人間に内在する素質や能力を発展させこれを助長する作用。人間を望ましい姿に変化させ価値を実現させる活動。とある。
 昨日、三木市長・教育長・教育委員が一堂に会し三木市の教育の有り方を議論する『総合教育会議』が開催された様だが、何らの方向性・結論も得られなかったという。
 さて、前述の者たちが冒頭の『教育』の有り方を自ら実践しているであろうか?。
 いや、自ら三木市の名誉を失墜させ市民の信頼を裏切る行為を重ね、嘘で塗り固めた記者発表で、誤魔化すだけの詐欺集団ではないのか?。
 三木市の教育に対する理念も熱意もない前述のメンバーが今の三木市の小中学校の子どもたちの学力を落とし、公立による乳幼児教育の使命を放棄し、市民に率先垂範して倫理や規律を守り示すべき立場にある者たちが、自らその責務をないがしろにするばかりか、市民に対して嘘の発表や税金を使って虚偽の広報誌を配布する体たらくである。
 こんな者たちが三木市のリーダーに居座っているのであるから、三木市の未来は拓けないばかりか、今の子どもたちが大人になる頃には、さらなる三木市の悲劇が予想される。
 教育は百年の計とも言われる。現市長の10年超の間で失われた教育的損失は計り知れない。そしてそのツケが次世代に必ずや災いとなり、三木市を貶めていくのである。
 この様な三木市の体力を奪っている癌細胞組織を早く除去しなければ、三木市の将来は無い!。その施術をするのは市民でしかないのだ!。

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事