三木市議 大西ひできの方丈記

日常生活と三木市議会議員の日常記

虚偽公文書を作成と市長スケジュール

2017年02月17日 | 三木市政

広報別冊についての記事にコメントを頂戴しました。⇦コメント有難う御座います。

内容は、昨年1月3日 “市民の皆様へ”を抜粋してご紹介します。

 

三木市広報別綴の公文書の内容が真っ赤なウソであることが明らかになり、

「虚偽公文書を作成して行使した」ことが明らかになっています。

 

三木市長スケジュール(公開されている資料)によると藪本市長は、

平成27年の12/10(木)、12/15(火)、12/17(木)及び12/18(金)の4日間にわたり、

市長自ら三木市広報(別綴を含む)記載内容のチェック・指示を行っています。


虚偽内容が判明した広報別綴のチェックは12/17の17時~19時に2時間かけて市長室で行なっています。


1/3広報みきに別綴りで配布された虚偽広報別冊の内容は、

三木市ホームページのトピックスに公開されていましたが、

でたらめな虚偽内容である事が判明した後に突如削除され、

その後、今日に至るまでお詫び・訂正がホームページに掲載されていません。

日本国中の皆様を欺いたまま放置しています。


藪本市長を筆頭に次々と明らかになった

無責任な三木市役所幹部ぐるみの隠ぺい体質を恥ずかしく考えている三木市民が多数居ます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多世代交流拠点の財源は国の交付金が不採択になり、100%三木市の借金で賄われるのか!

2017年02月17日 | 子育て

多世代交流拠点の財源について、市民の皆様、「みきっ子未来応援協議会」の皆様へ

28年度当初予算で

大型遊具や健康遊具を国の地方創成に関係する交付金を活用して整備するとして、

下記の提案がされました。(市民の皆様にもアンケートを行っています。)

この度、内閣府の地方創成推進交付金の交付対象事業を閲覧したところ、

上記の事業が見当たらなかったので、担当者に確認しました。


まず、こども未来部長

Q:不採択になっているようだが、財源内訳は。

A:財政に聞いて欲しい。

私:????(担当部長なのに)


次は、財政課長

Q:不採択になっているが、予算内訳は当初交付金を見込んでいたが幾ら見込んでいたのか。

A:事業費1億2500万円の内、5000万円(交付金)を見込んでいた。

Q:結果としてどうするのか。

A:5000万円(交付金)を起債(市の借金)と振り返る為に、この度の3月議会で提案する。


つまり、事業費1億2500万円全て借金で遊具をつくるつもりのようです。



下記は、28年度当初予算の説明資料 交付金(見込)計1億2500万円が実際は5100万円

そして、多世代交流拠点の整備は「不採択」


通常は、不採択になれば事業を見合わせます。


三木市は、それをせずに子ども達や高齢者に100%借金の遊具を背負わせようとしています。

役所の起案で、市長選挙前に完成させる事に何の意義があるのでしょうか?

 


下記は、3月14日総務環境常任員会(教育委員会)関係部分を抜粋しています。

続きまして、多世代交流施設整備事業1億2,500万円についてでございます。これは子どもから高齢者までの多世代が交流しながら共生するまちづくりを推進するため、野外に大型遊具や健康遊具を設置し、遊びを通して高齢者の生きがいづくりと子育ての活動拠点をつくります。主なものといたしまして、整備工事費1億2,000万円を計上してございます。

 

多世代交流施設整備事業債4,500万円でございます。これは多世代交流拠点の整備工事費に係る市債でございます。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ごみ処理の方向性 290213説明会 バックアップ体制

2017年02月16日 | ごみ問題

 

http://www.city.miki.lg.jp/pdf/topics_20161215.pdf

 

7ページ

ごみ処理が何らかの状況で停止した場合のバックアップ体制の図です。

三木市(A)が大栄環境(B)と基本協定を結ぶ

大栄環境(B)が連携協定を結んでいる、

他の事業者(C)が所在している市町村(D)と三木市とが相互連携協定を結ぶ


先日(2月13日)、志染町公民館での説明会で相互連携協定を結ぶ市町村(D)を教えて欲しいと

質問したところ、資料を持ち合わせていないと言う事でしたので、本日再度、担当に確認しました。


答え:大栄環境(B)に了解を得ていないのでお伝え出来ない。

と言うものです。

役所の答えはもっともですが、資料を作成した時点で検討し了解を得るのが当然かと思います。

距離的な問題や、その自治体との相互連携協定が可能かどうか分からないまま、我々議会や市民に説明をする事に

矛盾を感じます。


因みに、バックアップ体制については、第1順位は相互連携協定を結ぶ市町村(D)、

第2順位は近隣市町村と説明がありました。

(現在のところ三木市の考えだけで、近隣市や市町村(D)との調整はされていません。

お互いの信頼関係の上でどのように判断されるかは未知数だと思います。)


もしもの時は自治体同士お互い様なので(北井副市長答弁:志染町公民館)

曖昧な答えしか答えられていなかったことは残念に思いました。


これまでの政策のように、強引に進めて大事なところは後からにならないように注視していかなければ

ならないと考えています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広報別冊が三木市ホームページに掲載されないのは何故か。

2017年02月16日 | 三木市政

三木市で現在進行中の一般廃棄物処理の民営化について昨年12月15日に発行された広報三木別冊を

三木市ホームページ(http://www.city.miki.lg.jp/gyosei/kohobkup_h28.html

から閲覧してみようと確認したところ、別冊は掲載されていません。


先のブログでもお知らせしましたが、

別冊を発行(起案)するにあたり、伺書(稟議書)は存在していませんでした。


そして、別冊でありますが、広報に変わりありません。

しかし、ホームページには掲載されていません。

昨年、1月3日に発行された(市長主催の飲み会について)広報別冊も同様に掲載されていません。


どういうことなのか、確認をとりたいと思います。

何時もですが、情報に偏りがあるような印象を受けています。


追記:三木市のごみ処理の方向性(16/12/15)トピックスに掲載されていました。(板東議員から教えて頂きました)

(トピックスは時期が過ぎればここからは見ることが出来ませんが)

 




コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

国立研究開発法人 防災科学研究所 実大三次元振動破壊実験装置(E-ディフェンス)

2017年02月16日 | 日記

2月6日(月)に国立研究開発法人 防災科学研究所(所在地:三木市志染町三津田)

から視察の御案内がありましたので参加してきました。

防災科学研究所には世界最大の実大三次元振動破壊実験装置(E-ディフェンス:http://www.bosai.go.jp/hyogo/

が設置されています。

内容は、杭支持建物のモニタリング技術検証の為の振動台実験です。

この施設では、地震などの振動により建物などの揺れや破壊過程を測定しますが、

この度は、建物の下部(地中)で建物を支える杭の損傷過程を実証データーとして取得する実験でした。


この度は、多くの研究者の方々がお見えで、熱心に研究をされていました。


地元で、世界に誇れる施設があり、防災研究が行われています。

三木市もまだ手付かずの、

公共施設の耐震化及び減災化に最優先に取り組んでいかなければならないと考えます。

画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内    画像に含まれている可能性があるもの:1人


実験風景(撮影は了解を得ています)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

運転免許証自主返納について

2017年02月15日 | 三木市政

高齢者の運転による事故が多発していますね。

三木市では、独自に自主返納された方に対して公共交通等が利用できる(1万円相当)

ものが交付されます。28年度についてのお知らせは広報三木6月号に掲載されています。

ホームページには掲載されていませんので、(ホームページ等の周知も提案するつもりです)

お問合せは、福祉課 高齢者福祉グループ (代)82‐2000まで

上記とは別に、

兵庫県警ホームページ免許証自主返納について➡https://web.pref.hyogo.lg.jp/kk15/ac17_000000017.html

特典は県警ホームページ➡http://www.police.pref.hyogo.lg.jp/traffic/license/keireki_tokuten/index.htm


三木市の制度は近隣市ではかなり優遇されたもので、他市からの問合せもかなりあるようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

循環型社会創造研究会開催➡2月23日(大阪)・第2回防災会議2月24日(市役所5階)

2017年02月15日 | ごみ問題

市民に広く公開されなければならない一般廃棄物等の問題

開催場所は遠方の大阪で。

しかも、傍聴定員は、たった5名。

市民を馬鹿にするのもいい加減にしなければなりません。

 

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

 

一方、防災会議は市役所5階ですが、傍聴定員は上記と変わらずたった5名。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広報別冊伺書(稟議書)文書不存在 と 倫理審査開催請求返却伺書

2017年02月15日 | 三木市政

昨年の部長飲酒から始まった一連の不祥事について、28年1月3日に広報別冊が発行されました。

また、一般廃棄物の民間委託について、28年12月15日に広報別冊が発行されました。

それらについて、組織として誰が起案して、誰が決済を行ったかは分かりませんでした。

誰が、何の目的で、血税を使用するか?が不明なまま。

あるのは、年度当初に広報誌の部数により単価契約をしていると言うだけ。


28年1月3日広報別冊についての伺い書(稟議書)

 

28年12月15日広報別冊についての伺い書(稟議書)

 

参考ですが、市民グループが署名活動を行い、市長に倫理審査を行うように求めましたが、返却しました。

その時の伺い書が下記(左:公文書部分公開決定通知書、右:伺書)です。

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東播磨南北自動車道加古川小野線

2017年02月15日 | まちづくり

2月13日に末松信介国土交通副大臣が、東播磨南北自動車道加古川小野線の現地視察で

お見えになりましたので、下石野美濃川河口付近で仲田県議、藤原県議、小野市長、三木市長

商工会議所会頭市民の宮永会頭(三木)、柳田会頭(小野)始め三木市議会からは、藤本議員、岸本議員、私、

小野市議会始め、多くの関係者の方々がお見えになりました。


 

藤井ひさゆき国土交通大臣政務官のホームページから➡http://fujiihisayuki.jp/?info=%E6%9D%B1%E6%92%AD%E7%A3%A8%E5%8D%97%E5%8C%97%E9%81%93%E8%B7%AF%E5%BB%BA%E8%A8%AD%E3%81%AB%E5%90%91%E3%81%91%E3%81%A6


 

国会議員、財務省、国土交通省等に要望書を提出(平成28 年8 月23 日)

会長(小野市長)及び副会長(加古川市長)をはじめとする会員各市町長が、

財務省や国土交通省を訪問して東播磨南北道路がもたらすストック効果の説明を行い、

北工区(八幡稲美ランプ~国道175 号)の早期完成を図るため、

事業に必要な所要財源の確保・充実を求める要望書を提出しました。


南北道路について小野市のホームページから➡http://www.city.ono.hyogo.jp/1/8/31/4/3/

残念ながら三木市のホームページには掲載されていないようでした。

ブログで指摘したので、三木市も反応してくれることと思います。




 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

所属毎の正規職員数について

2017年02月15日 | 三木市政

三木市の職員数について考えてみたいと思います。

市長1期目に職員数の削減が公約で示されました。


17年の職員数は下記に示す表の通り約700名(市民病院含ず)

 

その後、削減が進められ今は約500人(病院含ず)です。

非正規も含めた人数は17年度も今もさほど変化していません。

約1000人です。 

しかし、正規職員は人件費として計上されますが、非正規の方は物件費として計上されますので、上記の

表には反映されません。

17年は職員700人:非正規300人

28年は職員500人:非正規500人

行政経営の合理化は必要かも知れませんが、行き過ぎた合理化は後々に大きな負の遺産を残すと考えます。

技術や知識の継承、非常時の危機管理等々。非正規の方々に災害時の非常時に出勤する義務はありません。

人事について、役所は能力主義と言うでしょうが、能力にそぐわない不公平な人事が行われています。



元職員の方から教えて頂いた事は、以前、近隣市からは分からないことがあれば三木市へ聞け。

でしたが、今は、残念ですがバカにされているようです。 

 

下は、28年10月1日現在の各課の正規職員数の配置を作りました。

多く思われるかもしれませんが配置してみると一目瞭然だと思います。

政策により職員数の配置に偏りがあるのが分かります。

教育については、部や課の再編により比較しにくくしていますが、17年度よりは明らかに減少しているのが分かります。

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

兵庫県ランキング

画像

http://blog.goo.ne.jp/admin/showimagedetail/?iid=0799865074cf9a8afcb10dad6543b92c&return=%2Fadmin%2Fimgmanage%2F%3Flimit%3D24%26type%3D1%26did%3D%26window%3Doff%26img_order%3Ddesc%26img_year%3D0%26img_month%3D0%26version%3Dnew%26offset%3D768