crystal world

ネコと花と時々観光

猫用おむつ&パッドの使い方&使用感

2016-09-18 21:44:44 | にゃんこ
ここまで長くなるとは...という感じですが
とりあえず今回の記事でくろちゃんのおむつ事情は終了の予定です。

【使用方法】

パッドは三角の底辺の部分にパッドの下側部分を合わせてサージカルテープでペタっとすればOK

まずは尻尾を通して、足の間からテープ側を前に出して
背中の部分を押さえながら、左右のテープをそれぞれ背中に持ってきて止めます。
ももの付け根部分がしっかり出るようにするのがポイントです
交換するときは逆の手順で外し、パッドだけペリっととって
新しいパッドを当ててテープでペタ汚れてなければテープは何度か使えます。

【パッドについて】
*メリット*
・コスパ最強(おむつ13円、パッド2円位)
・ゴミの削減

*デメリット*
・作る手間(でもテレビ見ながらぼちぼち作れます)
・おむつより蒸れるのでこまめにチェックが必要
・パッドしてるとおむつの線の色で見た目だけでチェックできない
・量やうまく当たっていないと漏れます
 (我が家は中厚シーツ1/4でおしっこ1回分位です。普通厚だと漏れました)

【赤ちゃん用紙おむつについて】
・ペット用に使うとおなか側になる部分は本来は背中側なのでのポリマーが薄め
・通常背中側なのをおなか側に使うので可愛い柄が見えない
・お試しで買ったムーニーのプーさん柄がすごい可愛い...
・可愛い柄を使いたいがためにおむつを買ってしまいそう
(でも切る時にムーニーは切る部分がギャザー?ぽくなっていて少し切りづらかった)

【使用してみた感想】
くろちゃんは現在のところ、食事の後や水を飲んだあとなど
そろそろしたかなという時にチェックしてしてたら取り替えてます。

今のところ、一日付けっぱなしではなく夜はケージで就寝が習慣付いたので
朝~夜まで、パッドは3~4回位の交換です。(夜間外しているからかカブレも大丈夫そう)
最近は漏れる事もほとんど無くて良い感じです。

最初はやっぱり大変でしたが
おむつ交換をスムーズにできるようになり、交換するタイミングも掴めるようになり
慣れるとところ構わず粗相され掃除と消臭に追われるよりずっと楽です。

本人も、おむつしてればどこでも自由に行動できるので
今までどおりのほほんと生活しており、
むしろおむつをされてもゴロゴロ言ってます


高齢化は避けて通れない問題ですが、猫も人間も快適に過ごせるのが一番ですよね。
長くなりましたが、クロちゃんのケージ&おむつ導入話でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猫用紙おむつ&パッドを作る | トップ | 2016年版猫たちのプロフィール »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。