オソロシイ本とカワイイ本

「まずい」という予感はあった。友人に薦められた伊坂孝太郎。最近では電車の中でしか本を読まないのだが、伊坂さんの本は、家で手に取って読み始めてしまえば、話の続きが気になって読み続けるしかなくなる。オソロシイ本である。トイレに置いて置いて一日一項目(2ページ)ずつ読める私の本などカワイイものだと思った。あまりのオソロシサに伊坂作品、全て読破しようと思った。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« レンガのみち 日の目 »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。