ちょうちん・・・?

東京盆15日。帰ってきた先祖を今夕お送りになるお宅もある。13日に帰ってきたから二泊三日のこの世へのピクニックである。京都の五山大文字焼きは街で行う送り火で毎年8月16日だから、京都近辺のでは三泊四日の帰省だ。見送り方はさまざまだが、ちょうちんをさげてお墓まで送る家もある。そうするとちょうちんは用済みになるので、お寺に納めていくお宅もある。だから、毎年ちょうちん入れを段ボール箱で作る。で、カレンダー裏を使って書こうとして戸惑った。「『ちょうちん』ってどういう字だっけ?」--提灯である。しかし、「これでチョウチンと読むのか?これではテイトウだろう?--などと中学生みたいなことを一瞬考えた。あはは。提(ちょう)灯(ちん)は共に唐音読みだから馴染み薄いのだ。ちなみに「暖簾(のれん)」の「暖(のん)」も唐音である。小学生の夏休みの自由研究に「唐音で読む日本語」など、いかがだろうか。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 円居(まどい... 法灯と般若心経 »


 
コメント
 
 
 
唐音で読む日本語… (白雪)
2017-07-15 21:17:57
そう言えば 和尚(おしょう)なんかもそうですね(=´ω`=)ニャァ
 
 
 
さすが! (和尚)
2017-07-16 18:06:28
白雪さん>すごい!和尚を「おしょう」と読むのは唐音、呉音なら「わじょう」、漢音だと「かしょう」ですね。ありがとうございました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。