焦げと飴色

午前中に今年6冊目予定の本の項目立てをして「こんな感じでいかが?」と送信。お昼からご詠歌をやって、帰宅してから夕飯のオニオングラタンスープ用にタマネギを飴色になるまで炒めた。滅多にやらない作業だけに、焦げているのか炒まっているのか判別がつかない。家内に言わせると「もっと茶色にしなきゃ」なのだが、その按配がわからないのだ。水とコンソメを入れて煮ている間に今年3冊目予定のカバーデザインと最終校を確認して「OKです」とメール。件(くだん)のスープは、新タマネギのおかげで何の問題もなく美味しくできた。※写真はイメージです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 今日の今日で... 本末転倒 »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。