じゃあね、またね。

冬の終わりを告げるといわれる春雷が一昨日鳴って、今日の東京は最高気温20度。それでも住職室はすら寒かったので、ストーブをつけた。30分ほどで灯油がカラになった。これが目標だった。「また今年の冬によろしくお願いします」と礼を述べて、倉庫へお引き取りいただくことにした。居間の掘ごたつが「あとは任せな」と仲間を見送っている気がした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 怪我自慢 いったい何の... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。