「まさか」の坂を越えるには・・・

明後日の南相馬で行われる7回忌追悼コンサートの司会のために、明日は早朝に出発して、明後日とほぼ同じプログラムで進行さるコンサートのゲネプロを見学する所存。明後日の第一声は「まさかという坂を乗り越えるには、おかげという陰を追っていく」でいこうと思った。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 一日の中のバ... 花屋のありがたさ »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。