おかげさまで41刷

午前中の江戸川人生大学の「日本文化と仏教伝来とその音楽」の講義(?)を終えて、13時と19時からの今年最後「写仏の庭」が終わった。ふーっ。気づけば三笠書房から『気にしない練習』の41刷りの筆者贈呈分が届いていた。三年前の今頃、最終校正をしていた本だ。日々やるべきことをやっている一方で、別のところでの自分が関わった動きがあるのは面白い感覚だ。死んだあとに、孫が育っていくのをあの世から見ている感覚に近いかもしれないなと思った。どはは。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 「すっかり」 西日の日陰 »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。