pro・lix・i・ty

毎昼毎夜夢心地

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

近況など

2013-09-23 | 日々のぼやき系
というわけで皆様お元気でお過ごしでしょうか。
私は昨年の3月に異動してきた現職場で微妙な存在のまま1年半が経過しました。
といってもどういう職場なのか…というご説明が必要かと思うのですが
私はそれまでいわば社長室に当たるところで秘書という名の雑用係兼家政婦を
しておったわけですが(まあ10年近く)
今は大学で言えば学生係とか学務課とでもいったようなところに異動し、
まったくもって普通の事務員をやっております。

非常にのんきでマイペースすぎる上司と、
バリバリ仕事が出来すぎるあまりに上司に不満ありすぎる同僚(非常勤)
という二人と一緒に仕事をしているのですが、
彼らの間のバトル(マジ本気な罵り合い←主に同僚から一方的な)を
2日間に1回は目撃しつつ、ここ10年で身につけた最大のスキル「空気」
をいかんなく発揮して空気に徹していたのですが
あまりにうまく空気になりすぎたせいか思わぬところから私自身の立場が危うくなるという
「詳細はここをクリック」
とでもいいたくなるようないろいろな事情を抱えながら今に至っています。
はーめんどくさー

そういえば私の昔の上司「ボス」といえば、定年退職して職場を離れた後に別の仕事をしているのですが
今では(私の目から見ると)責任おう必要も無く自分の好きなことだけやって悠々自適。
ごく普通のワークタイムにいきなり携帯に電話してくるもんですから
私すっかりほら 彼も年なもんですから よもや…!と思って慌てて電話とったら

「いや実はさー、このまえテレビみてたら昔のニューヨークを舞台にした
移民のギャング映画みたいなのやっててね。途中から見たけど面白かった
から…」

って「ギャング・オブ・ニューヨーク」の話かよ!心配して損したよ!
でその後マーティン・スコセッシについて30分ちかく滔々と講義した私も
よっぽどうっとうしい元部下であったかと思います。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ワールズ・エンド

2013-09-16 | 映画/ドラマ系
ご無沙汰しております。

いきなりですが
したまちコメディ映画祭の秘宝まつりで上映された「ワールズ・エンド」にいってきました。
イギリスの三馬鹿大将ことエドガー・ライト、サイモン・ペッグ、ニック・フロストの最新作なわけですが
若者の頃に未完に終わった「町にある全てのパブ(12軒)を巡って計12パイントのビールを飲む」
というバカバカしいチャレンジに20数年ぶりに挑む40代のオッサン5人を描いた物語です。

いやコレはアレですねたぶん20代くらいの若者にはこの苦さはわからないね
30代なりたてでも無理かもしれない。
「いい年(アラウンド40)になるまで独身でフラフラしており、ふと田舎に
帰ってみたら、所帯を持った昔の友だちがみんな一戸建てとか買っている」
的な経験をしてないとたぶん真のほろ苦さはわからない。あっコレ私ですねハハハ
地元に帰るといっつも自分の都合にあわせて友だち招集してるし
サイモン・ペッグの演じている主人公のテキトーすぎる言動は、
笑える以上に痛みを伴って迫ってきました(笑)
これ以上自分の人生に何かドラマチックなことが起こるとは思えないな、と
わかってきた(わからざるをえない)年代の胸にはど真ん中で刺さってくる作品ではないかと。
ネタバレ同然なことをもうしますと最終的に
ボンクラな生き方をしてきた人間は
いまさら華々しい活躍などファンタジーでしかありえない
」と言っているようでもあり
ボンクラ賛歌のようでいて、ほろ苦さのほうが後味に残る作品でもあるように思えました。
(ビールを飲みまくる映画なだけに)



あっあとこれ大事なところですがニック・フロストが
ニック・フロストが
ニック・フロストのBAMFっぷりがカッコよかったです。
心臓とまんないか一部心配になったけど。

来年の春には公開らしいんで詳しいことはアレですけど
この三馬鹿大将の過去の作品では、
「ショーン・オブ・ザ・デッド」でゾンビ映画ラブ
「ホット・ファズ」で刑事アクション映画ラブ
といったふうに彼らの愛する(どうでもいい)ものが熱く描かれてきたわけですが、
今回は宇宙からの侵略者もの(←B級の)ラブということで、
昔のその手の映画が好きな人にはまたたまらん作品ではないかと思います。

過去の作品にも登場したキャストが多かったり、過去の2作品と被ってくる
セリフや場面(またフェンス飛び越えてます)があったり、と、これまでの2作品を
見てきた人たちにはまた別の楽しみ方があると思います。
だけど、これで三部作完結って本当なんだろうか。なにか寂しいなあ。
*まあ「三部作」というアイデア自体、テケトーなノリだと思いますけど。
エドガー・ライトのインタビュー見ると。(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

復活したく

2013-07-10 | 日々のぼやき系
準備中。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ゾンビがカナダを襲ったら?

2013-04-13 | 日々のぼやき系
When the Zombie Apocalypse was mentioned in the House of Commons


ご無沙汰しております。
ちょっと元気になった動画をご紹介。

「アメリカがゾンビに侵略された場合、ゾンビは国境という概念を持たないから世界的なパンデミックな状態になるのは確実だ。カナダ国民を代表して外務大臣にお尋ねしたい。我が国カナダでは国際的なゾンビ戦略のために隣国アメリカと協議していますか?」

「議会と国民の皆さんに申し上げたい。そのようなことは死んでも起こらないとお約束しましょう。現首相のもとにあってカナダはゾンビにとって決して安穏な天国とはなりません」
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

気がつけば

2013-02-12 | 日々のぼやき系
久しぶりの書き込みがオタクな話でまこと恐縮ですが

気がついたら夏のイベントの決済〆切が明日に迫っており、
今更申込書をのぞいてみたら
なんかものすごく日程が変わっているのでびっくりしました。
従来の三日目が二日目と入れ替わってますね。
これいろいろと困る人いるんじゃないですかね。
従来の三日目創作ジャンルってわりと年齢層高いと思いますし…
日曜日だからこそ参加できる って人も多かったと思うんですが。

昨年の異動以来イベント時期は職場の最も忙しい時期に重なっており
1日目の金曜日(予定)に配置されたらまず出席不可能なんですよね。
というかここ2年間落選してるんで今年も順当に落選しそうですが…

うーむこれはやっぱり引退の潮時かもしれん。私も年をとったし。
(オタクであることは全く変わりませんが)

申し込むべきかやめるべきか…むむむ…
明日の夜まで悩むことにしよう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加