長島充-工房通信-THE STUDIO DIARY OF Mitsuru NAGASHIMA

画家・版画家、長島充のブログです。日々の創作活動や工房周辺でのできごとなどを中心に更新していきます。

274. 2016年 一年間ありがとうございました。

2016-12-31 20:44:01 | 日記・日常
ブロガーのみなさん、facebookを始めSNSでの友人、知人の方々、その他、ホームページや作品、展覧会を通して新しく知りあった方々、2016年一年間、マイブログにお立ち寄りいただき、ありがとうございました。特にブログやメールを通してコメントやいいね!をいただいいた方々にはとても感謝しています。

僕の2016年は動きの多い年となりました。3人の子供たちの節目がちょうど重なり就職や進学などで家から巣立って行きました。また大事な家族の一員を失うという悲しい年ともなりました。少し前には7人家族で生活していましたが、気が付けば3人の生活となり、年月の経過をひしひしと感じてもいます。あんまりバタバタしていたので肝心の作品制作が遅々として予定どおりに進まず、今年の大きな反省点になりました。昨年、30代、40代と比べた体力、集中力の変化についてコメントしましたが、まだまだ「もうひと暴れ」とも思ってもいて、新年からは気を引きしめて行こうと自身に言い聞かせているところです。具体的には幻想的なテーマの絵画連作では大作を描き始めようと思っていますし、版画作品では今取り組んでいる自然や生物をテーマにした連作の内容をさらに深めていこうとも思っています。

昨年から大晦日のこのブログの画像は「名画の中の夕日」をアップすると書きました。ですが、今月、ふらっと気分転換に訪れた工房に近い西印旛沼の日入りの風景があんまり美しかったので今回使用することにしました。沼を望む小高い丘から撮影したのですが、この日は風も殆どなく空気も澄みきっていて夕日の焼けた朱色がよく出ました。ここでBGMを流すとすれば北欧を代表する作曲家、ヤン・シベリウスの交響曲が似合うかと思います。

パソコンを打つ僕の後ろでは、帰省した子供たちがひさびさに揃い「紅白歌合戦」を観ながら、お互いの近況を楽しそうに話し合っています。みなさんも今晩から新年にかけて家族や大切な人と楽しい時間を持ってください。では、2017年、新しい年もどうぞよろしくお付き合いください。「良いお年をお迎えください」

画像はトップ、下ともに西印旛沼の日入り風景。



          




ジャンル:
その他
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 273.『浦上玉堂と春琴・秋琴... | トップ | 275. 木口木版画の蔵書票を摺... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
2017年もどうぞよろしくお願いします。 (uccello)
2017-01-07 19:34:15
ブロガーのみなさん、昨年、一年間はお付き合いいただきありがとうございました。2017年も引き続きどうぞよろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL