蜜ロウワックス日記

小川耕太郎∞百合子社をとりまく日々あれこれ

蜜ロウワックス仕上げ木製ブラインドで、心地よい涼を空間をつくり、節電。

2011年07月01日 01時41分38秒 | 新商品_国産柾目ブラインド
いや~毎日暑いですね。

今日は節電対策の参考になれば・・・・と思い

木材の性質をお話しさせていただきます。




木の空間が心地よく感じられる理由の一つとして、

木材が反射光をコントロールし、やわらかな明るさを作り出すことが挙げられます。


木材の表面にはミクロ単位の細かな凹凸があります。

これが光を散乱させて弱めるため、人の目には優しい光となります。

また、木材の表面では有害な紫外線などが吸収される一方で、

赤外線などは反射率が高くなるといわれています。






言葉にするとピンとこなかったスタッフも

小川社の発送室に蜜ロウワックス仕上げ木製ブラインド”こかげ”をとりつけたら

皆一声に「この部屋、涼しくなったね。」「なんか落ち着く」という言葉が飛び交っています。


▲プチリフォームした小川社の発送室

スタッフの反響からみても

木製ブラインドが反射光をコントロールし、木陰のような光をつくってくれているのだと実感します。

確かに木製ブラインドをつけると、ヒリヒリしないような気がする。

紫外線も吸収してくれているのかな?と思います。

これでこの商品に自信をもってオススメできるでしょう。

やはりスタッフ皆が体感しないと、言葉だけが浮いてしまいますからね。

身体から発する言葉は正直です。





▲ちなみに木製ブラインド’こかげ’が多くの医療機関で使われています。

特に病気のときは、身体が敏感に反応します。このブラインドにより目に優しい光に変えてくれているのを実感されるでしょう。













せっかく木材を使っても、汚れやすいからといって化学塗装をされると

塗装によりせっかくの木の凹凸をふさいでしまいますので

木材による、光のコントロールが出来なくなります。

目には見えにくい価値かもしれませんが、身体は敏感に反応しますので

木材を活かした使い方をオススメします。



[蜜ロウワックス仕上げ+国産+柾目]木製ブラインド”こかげ”のお問い合わせは

小川耕太郎∞百合子社までどうぞ。
電話でのお問い合わせはコチラをご覧下さいませ。







今年も厳しい暑さが続きそうです。これを機会に心地良い「涼空間」を考えてみては如何でしょうか。

木陰の心地よさを体感いただけると思います。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 静岡県建設業協会優良賞を受... | トップ | [こかげ と 長勝鋸]のお問... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL