蜜ロウワックス日記

小川耕太郎∞百合子社をとりまく日々あれこれ

尾鷲の石垣 (賀田町NO8)

2017年06月16日 11時41分42秒 | 小川耕太郎
今日の石垣は、水力発電所近くの石垣。
町からは直線距離で2キロくらいは離れているけれども、
こんな所にも石垣がある。




この上の方にも続いているが、
なぜ、何のために作られた石垣かはわからない。




谷間には、賀田小学校の卒業記念植樹のトチの木があった。




尾鷲市賀田町民は、江戸時代の大飢饉の際に
栃の実を食べて飢えをしのいだという言い伝えがあって、
トチの木を切ることはご法度になっている。


今でも賀田区有林が二百数十町歩(ヘクタール)あって、
そこには大きなトチの木が181本残っている。
一番大きなトチの木は、幹回り5m以上もあり、
秋になると小学生たちがトチの実拾いに行って持ち帰り、
トチ餅作りをしている。


それで、今でも後世の人たちにトチの木を残そうと、植樹しているのだ。
娘も小学6年生だから、年が明けたら植樹するのだろう。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尾鷲の石垣(賀田町NO7) | トップ | 尾鷲の石垣 (向井No1) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL