蜜ロウワックス日記

小川耕太郎∞百合子社をとりまく日々あれこれ

尾鷲の石垣(賀田町 NO1)

2017年05月16日 08時23分09秒 | 小川耕太郎
尾鷲の石垣シリーズに通し番号をふらないとあとで困るなと思い、
今日から通し番号を付けることにしました。
以前の物から付けろよと言われそうだけど、
ずぼらな私は今日からで良いでしょ、気にすんな、です。


今日の石垣は、古江町と賀田町の間にある
「元石切り場の石垣」




賀田町の山には石山が多く、間知石を取っていた。
間知石は、今ではほとんど使われなくなり、
石は海を埋め立てする際などの捨て石になっている。


この石山は人家に近く、私が知る限り、
私が生まれるころには採石は止まっていた。
でも、集石場としては十数年前まで使われていて、
手前の石垣は、集石作業用に積まれたものだ。
一個一個が大きく、ブルドーザーやユンボを使って積まれた。


後ろには、採石跡が見える。
見てお分かりの通り、山全体が石でできていて、
土の部分が少ない。


そのため、尾鷲地域の地盤は固く、
地震による家屋の倒壊は少ないと聞いている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尾鷲の石垣(三木里町) | トップ | 尾鷲の石垣(賀田町 NO2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL