中川輝光の眼

アトリエから見えてくる情景
paraparaart.com ArtDirector

本の紹介 布施英利著『美の方程式 美=完璧×破れ』(平成22年刊)

2017-06-14 | 本の紹介

布施英利著『美の方程式 美=完璧×破れ』(平成22年刊)

布施英利さんは、平易な解剖学・芸術学の著者として知られています。わたしは、養老孟司さんの「対談相手」のひとりとしてこの人を知りましたが、ユニークな視点の持ち主として高く評価しています。この本『美の方程式』は、創造行為を「数学のように明快に解明してみたい」といった、ひとつの試みとして書かれたものですが、知恵の輪を解くような面白さがあります。

わたしたちは、常に『完璧さ』を求めて仕事をしています。

完璧さを求めながら、わたしたちはその破綻(破れ)を自ずと意識しています。

言葉を変えていえば、制作途中で少なからず変容することに期待しているのです。このことは、感覚として共通するものかも知れません。数理的美しさがすべてではない、むしろその破綻(破れ)が魅力を加味する・・・機能と不可分の関係(条件)にあるのかも知れないが・・・。

わたしには、レオナルドの手記に書かれた『観察メモ』を踏襲している内容にも想えます・・・科学的な思考が芸術的発想と無縁でないことを既に知っているのです。

 

 

 

 

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 休耕田の片隅に『鴨の巣』を発見 | トップ | 『言論の自由』は危機的状況... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。