ギャラリー 一間

骨董ルクラシックのギャラリー。京都市下京区突抜2-357。
不定休です。

古銅銀象嵌鍍金花器

2017年09月03日 09時02分37秒 | 骨董

古銅銀象嵌鍍金花器

細かな象嵌が施された花器です。

鍍金もまだ残っており、魅力的な肌をしています。

厳しい造型ライン、江戸後期ころかと思われます。

床の間、あるいは卓上で愛玩する花器として。

高さ 約9.5センチ前後

口径 約5.5センチ前後

胴径 約11センチ前後

高台径 5.7センチ前後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 李朝粉青沙器平小碗 | トップ | 李朝青磁大盃 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

骨董」カテゴリの最新記事