ギャラリー 一間

骨董ルクラシックのギャラリー。京都市下京区突抜2-357。
不定休です。

蘇芳地唐花文銀襴刀袋

2017年01月09日 10時28分40秒 | 古裂ノート用画像庫

蘇芳地唐花文銀襴刀袋

蘇芳地に平銀糸で織られた綾地、

別絡みの全越である。

銀の下に朱も塗られており、堅牢な輝きを目指したものと思われる。

現状は銀が剥落し、

拡大組織をみると変色した銀、その下の朱、さらにその下の和紙がみてとれる。

和紙自体がまだ十分のこっており、時代は室町以降かと思われる。

裂は渡りのもの、刀袋に仕立てたのはもちろん渡ってきた時代より後代であろう。

類例として挙げられるのは同じく蘇芳地の花鳥文銀襴狩衣(15世紀、関市、春日神社)。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金襴輪袈裟 | トップ | 葵唐草文金襴 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

古裂ノート用画像庫」カテゴリの最新記事