つれづれ毎日③

犬と暮らすシニアの暮らし

読書

2017-06-16 08:50:40 | 日記
五月にお目にかかった85歳の家人の先輩の奥様が「最近何かお読みになりましたか?

私は直木賞の【蜜蜂と遠雷】が面白いでしたよ」  とおっしゃったのが刺激になり

旅も終わり、家人の姉上のご法事も終わって落ち着いたので読み始めました。

面白い構成でワクワクして読みましたが ピアニストのお話なのでピアニストの友人に

読んでもらって感想を聞きたいと思いました。

もう一冊は直木賞の候補作【また、桜の国で】 ポーランドが舞台のお話で

一昨年彼の国を訪ねた時の印象がとても強かったので 頭の中の記憶をたどりながら

平原の国・・・ロシアとドイツに挟まれた悲しい記憶がたくさんある国・・・をもう一度

訪ねたいと思いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジジババの食卓 | トップ | ジジババの夕食6.16 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。