道草日記^^(難病克服日記)

関節リウマチ、SLE。。。病気の名前は忘れて元気な私に戻ろう(^^♪

2017.06.15  眠れる人は治る人(就寝中はドロドロ血でOK)-2

2017-06-15 15:13:40 | 日記
こんにちは^^


梅雨もしばしお休みでしょうか。

田んぼが気になりますね~

天の気しだいですが。。。



「どうして早寝がよい!」のか


よければ下記をお読み下さればと思います。

詳しく解説してくれていますので

参考までに^^

だからここで書くのは省略させて

頂こうかと思います^^v

https://matome.naver.jp/odai/2133707238577790501



私達のからだは10時から14時の間の就寝時に


”疲労を回復させて肉体を再生させる

「成長ホルモン」の分泌が最大になっている!!”という事です。


だから10時には就寝するのがいいんですネ🎶


子供にとっては、文字通りの成長ホルモンです。


大人にとっては背が伸びるわけではなく

”新陳代謝”に使われます。





ここで世間で言われている

間違った常識があります!!



”就寝中は「ドロドロ血」でいい!”

という事です。



寝る前、手足が熱くなってくる!

からだからの「眠たい」サインですよね。



からだは成長ホルモン分泌の為には

”血流を止めないといけない”のです。

完全に止めるわけではないのですが

停滞をさせる必要があるらしいです。


いわゆる「ドロドロ血」です。



就寝時、副交感神経の働きによって

心臓の働きが抑えられて

血圧、脈拍が下げられます。



これは「解糖系」という

「ミトコンドリ系」とは違うエネルギーに

働いてもらうためです。



体は放熱を開始して

「解糖系」の分裂の為の環境を作りだします(低体温)


放熱で。。。手足が熱くなります。



「解糖系」エネルギーの世界は

低酸素・低体温の世界です。 


(ここでピンときた方は

すごいです^^

そうです!!

ガン細胞が大好きな環境です。

ここでは、この事に触れて詳しくは書きませんので。。。

聞き流して下さい。。。)



血液がドロドロになって細胞に酸素が

送れなくなった時(低酸素)

「解糖系」エネルギーが

目を覚まして細胞分裂をはじめます。



「解糖系」が働くと

成長ホルモンが目覚め

成長ホルモンが分泌されます。



解糖系と成長ホルモンの働きで背が伸びます。

大人は皮膚・腸管上皮・骨髄細胞の分裂に働き

”新陳代謝”に働いてくれます。


だから。。。早寝するとお肌がつやつやに^^v

お肌の荒れは腸の荒れも表すらしいですヨ^^;



※”解糖系””ミトコンドリア系”について

詳しく知りたい方は、

「病気にならない生き方」 安保 徹 著

をお読み頂ければ、詳しく書かれています。



血液というのは1日のうちで

「サラサラ」と「ドロドロ」

それぞれの状態が半々でちょうどいいらしいです。

「サラサラ」だけがよい!

という訳ではないという事です。


どちらかが良いという訳ではなく

活動や就寝など、状態に応じて

”精妙な仕組み”があり

私たちのからだは作られているという事ですね。



「成長ホルモン」と「ドロドロ血」

早寝して元気にならなくては^^

と。。。

このテーマを書きかけた途端

また睡眠が狂ってしまいました^^;



そのお話は、また続けます。



今日もお読み頂きありがとうございました。
どうぞご縁ある方に届きますように。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.06.08  眠れる人は治る... | トップ | 2017.06.21  眠れる人は治る... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。