道草日記^^(難病克服日記)

関節リウマチ、SLE。。。病気の名前は忘れて元気な私に戻ろう(^^♪

2017.04.23 気楽に~🎶自立神経-1

2017-04-23 09:53:10 | æ—¥è¨˜
こんにちは^^



今日はとっても良いお天気で

お出かけには楽しい日曜日になりそうですネ。



さて。。。

私たちのこころとからだと自然は

並列であり

すべては繋がっている^^


それをつないでいるのが

どうも自立神経のようです。



60兆個の細胞を統合して

生命を維持する色んな働きをしているのが

自立神経です。



これは、私達が意識する事なく

ほとんど無意識のうちに行われていますよね。



「血圧上がれ~」


「血圧下がれ~」


と思っても自分の意志で操作する事は

できませんものね(笑)


内臓諸器官の調整

体温・血圧・血糖・呼吸など

またホルモン分泌にも深くかかわっています。


安保先生は「白血球の自立神経支配の法則」

を発見され、リンパ球も自立神経のもとに

あることを明らかにされました。

ストレスが病気を引き起こす仕組みは

自立神経と白血球との関りからです。


また

重力に逆らって体を動かすエネルギーを

生む代謝システムも自立神経が調節しているとの事です。


そして

からだの活動、こころの悩みなどを感知して

細胞のすみずみにまで指示をしているのも

自立神経です。


たくさんの要素に反応して働いてくれています。


”ウソ”は

からだには通用しないという事ですね(笑)



なんて、、、、

すばらしいんでしょうね。


ありがたくなってきます(*^-^*)



そして自立神経は、自然を情報として収集しているらしく

からだに指示を出しています。


これが

天気と私達のこころ(気分)に

とても関係しています。


誰でも、お天気なら

気分そうかい~🎶


でも天気が悪いときは

落ち込んだり

何をするのもおっくうになったりしますよね。


これは自立神経の交感神経と副交感神経の

ゆらぎから起こる生体反応だそうです。


なるほど~生体反応なんだ。。。と

ますます!

自立神経について知りたくなりませんか(笑)



一日のうちで、

朝だんだんと交感神経が優位になっていって

活動モードに!


そして夕方になると副交感神経が優位になり

休息モードに!


季節によっても変化があります。


冬は寒さに耐えるために交感神経が緊張状態に

なりやすいそうです。

仕事をするには向いているみたいです。


夏は温度も上がり

低気圧の影響もあって副交感神経が優位になるので

休んだほうが良いらしいです。


だから「夏休み」なんですね^^


病気は、副交感神経が優位になる

夏場に治りやすくなるそうです。



悪くなるのは冬で

一日でいえば昼間になります。

無我夢中になってがんばり過ぎて

血行が悪くなり

病気になりやすくなるみたいです。


そして春先に

いろいろな不快な症状が出てきて。。。

治るための色んな症状が押しかけてくる季節です。



冬に病気になり

春になったら不快な症状が現れて

夏に治る。

そして秋になってまたストレスが始まる。



これが自立神経における春夏秋冬らしいです。



一番気をつけないといけないのが

春先の治る症状がどっと押しかける

つらい季節です。


これは治る前触れだと思って

クスリで抑え込まないよう注意しなければならないと

安保先生はおっしゃっています。


それで。。。今まで

春先は痛みや腫れがひどくなっているなぁ~と

感じる日が多い事が理解できました。


すべては治っていくための症状なんだと(*^-^*)



私たちの「からだ」って

本当に

なんてすばらしいんでしょうか~!!🎶


自然界、森羅万象の中で生かされている

もっともっと感じて。。。

もっともっと感謝して。。。

生きていかなければと思います。



では~🎶

今日も良い一日をお過ごしください🎶


お読み頂きありがとうございました。
どうぞご縁ある方に届きますように。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   ã“の記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.04.21 今日はのんびりと~🎶 | ãƒˆãƒƒãƒ— | 2017.04.25 気楽に~🎶自立神経-2 »

コメントを投稿

「日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。