三ツ星温泉

温泉を星なし~三ツ星まで勝手に評価していきます!
初めての方はカテゴリー「はじめにお読みください」をご覧ください。

玉造温泉 玉井別館 (含む五彩の足湯) ★

2017年07月14日 | 島根県の温泉
島根県一有名な温泉、いや、山陰一と言っても良いかもしれない温泉地が玉造温泉だ。
松江と出雲の間に宍道湖があり、その湖畔から少し山側に入ったところにある。

川沿いに温泉旅館が点在し、そぞろ歩きが出来る雰囲気だ。

出雲大社が縁結びの神様であることから、昨今では女性が島根県を訪れることが多く、温泉街も女性向けのお店が多いように思う。
少なくとも男性ターゲットではない。

宍道湖方面から(玉造温泉駅)来て、玉造の温泉街に入って一番最初にある宿。
それが玉井別館である。
最初にあるので、非常に見つけやすい。

このblogは温泉blogなので旅館の評価は付けないが、安価でホスピタリティが丁度よく、居心地の良い宿だった。

旅館の大浴場もキレイにされており、居心地が良かった。



内湯2つ、露天1つの計3つ。
それぞれ温度帯が違い、利用者が好きな温度帯を選べるようになっている。
いずれも循環式。

ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉(低調性弱アルカリ性高温泉)のお湯は、ほぼ無色透明無味無臭だが、入浴後しばらく温かいところはやはり温泉である。

風呂上がりに無料の冷水が用意されているところや、すぐに地場の牛乳屋の自販機があるところがありがたかった。


一方、1階の屋外には五彩の足湯(ごしきのあしゆ)という宿泊者のみが利用できる足湯がある。

その名の通り5種類の足湯を楽しむことが出来るが、入り口のすぐ横にあり、日中は人の目が気になるところだ。
宿泊者限定なのだが、少々目立つ。
足湯はプライベートよりも、公共的なものの方が入り易いと感じた。



大浴場に比べると手入れが甘く、例えば腰を掛ける木材の経年劣化を感じたり、蟻が登ってきているのが気になったりした。
そのような粗が見えない夜間の利用の方が、雰囲気を味わえるかもしれない。

足湯に入るならば、温泉街の中央にある広場の足湯の方が、温泉街の雰囲気を感じられるので良いかもしれない。

なお、大浴場は循環式だったが、足湯は源泉かけ流しと思われる。

しかし、一つの宿で大浴場と足湯に入れるのは少し得した感があるので、総じて良い温泉施設(旅館)だと思う。



★ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉

島根県松江市玉湯町玉造1247
ジャンル:
温泉
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 玉造温泉 姫神広場の足湯 | トップ | 池田温泉 道の駅池田温泉の足... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。