三ツ星温泉

温泉を星なし~三ツ星まで勝手に評価していきます!
初めての方はカテゴリー「はじめにお読みください」をご覧ください。

美人の湯しろとり温泉 美人の湯しろとり ★★★

2017年05月04日 | 岐阜県の温泉

東海北陸道と中部縦貫道の福井方面が別れる白鳥IC、現在東海北陸道はここまでが2車線区間となっており、ここを先頭に渋滞が発生することが非常に多い。
(飛騨清見まで2車線区間を伸ばすべく工事中だが、もうしばらくかかるだろう)

そんな時は高速を降りてしまって、美人の湯に浸かってはいかがだろうか。
白鳥ICからは5分かからないくらいの距離である。

また、長良川鉄道の美濃白鳥駅からもタクシーで5分程度と思う。
観光列車「ながら」との組み合わせもありではないだろうか。

広大な駐車場に車を停め、建物に入る。

厚い絨毯や薄暗めの照明など、旅館のロビーを思わせる造りだ。
入館料は750円だが、道の駅などで100円の割引券が置いてあることが多いので、探してみると良い。

浴室は階段を降りたところにある。
この階段にも絵画があったり、壺が置いてあったりと、旅館っぽい雰囲気。

浴室の入り口にはしっかりとした飲泉処があった。
このような飲泉処は非常に珍しいと思う。
なお、この飲泉処からは硫黄臭を感じることが出来た。

さて、浴室に移る。
まず内風呂の浴槽が広くガラス張りの外に庭園が広がり、開放感がある。

露天は、その庭園を目の前にして、大きな東屋風の屋根の下に小2つの浴槽と寝ころび湯がある。
(大屋根は郡上一揆の唐笠連判状をイメージしたものだそうだ)

かなり開放的であり、湯上りに外で涼んでいると心地よい。
多種の植物が植えられており、四季折々の表情を見せてくれることだろう。

ここの泉質は有名であるが、ナトリウム-炭酸水素塩泉のトロっとした湯である。
このトロみは、日帰り施設であれば東海地区指折りのものと思う。

かけ流しではなく循環ではあるが、源泉100%の湯なので満喫してもらいたい。
なお、飲泉処で感じた硫黄臭を、湯船ではほとんど感じることが出来なかった。


施設の質や泉質など、満足度は高い。
男女別浴室の他、貸切湯もあるそうで、家族で訪れても良い。
ゆっくりと湯あみをする気持ちで訪れてほしい一湯だ。


★★★ ナトリウム-炭酸水素塩泉 自家源泉湧出量 278L/分

岐阜県郡上市白鳥町邦留32
ジャンル:
温泉
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大白川温泉 道の駅飛騨白山の... | トップ | やまと温泉 道の駅古今伝授の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

岐阜県の温泉」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。