稲荷日記

新選組沖田総司さんを好きになって×十年!
沖田さんに藤原竜也さんを教えてもらいました・・・・・

ヴェニスとクロアチア

2007-09-16 15:38:19 | 旅行

なんだか忙しい1週間でした

まあ、日記が書けなかった言い訳です。
実は 日・月と放送された 『輪違屋糸里』も 録画したのだけれど、まだ見ていません

先週の日曜日は久しぶりに日野に行きました。
佐藤彦五郎忌で それをアップしたら最後の瞬間に 
またまた消してしまいちょっと めげておりました。

でも、今週は 美しい景色を見る機会がありました。
今、人気のクロアチア ワークショップに参加する機会がありました。
たまには、本業に関する勉強もしないと

こちらですSrd_Dubrovnik
Bosanka、Dubrovačko-Neretvanska(Croatia)近郊 by Steve Tebe

これはドブロブニク、ヴェニスと同じアドリア海に面した港町です。

ここから北に広がるのがダルマチア海岸。
ヴェネチア共和国の時代、ガレー船の漕ぎ手はここからやってきていたとか

アドリア海の奥にあったヴェネチア共和国の船が地中海に出るためには
このあたりを通過していたのです。

食料や水の補給のために 航路の安全を守るために
このあたりの島々のいくつかをヴェネチア共和国は領土としていました。

そうそう ヴェニスの商人の元ネタになったイタリアのお話し『イル・ペコローネ』では
ポーシャのモデルとなった未亡人が住んでいたのは
アレクサンドリアへの航路の途中にあったベルモンテという美しい港町

こんなところだったのだろうか

あるヴェニス出身の有名人も実はクロアチア出身とされています。
どうも、一族がここの出身だったようです。

その人は マルコ・ポーロ そう、黄金の国ジパングを
ヨーロッパに初めて紹介した人です。

彼は スプリットの沖に浮かぶコルチェラ島の出身とされています。

Near Korcula Town
Žrnovo、Dubrovačko-Neretvanska(Croatia)近郊 by Phillippe

ここにあります

こんなガイドブックもあります

クロアチア (地球の歩き方 GEM STONE 7)
地球の歩き方編集室
ダイヤモンド社

このアイテムの詳細を見る

今週は また、ヴェニスの商人です。
いよいよラストスパート どんな風になるのでしょうか。

『イベント』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« また、また、ヴェニスの商人 | TOP | だれも知らない小さな国  »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。