水戸梅日記

水戸・いばらき

とり一・とり三

2017-06-15 | 水戸

水戸市泉町の焼鳥屋「とり一」

創業から50年以上たっているそう。 

   

  

魅惑的なメニューがたくさんありましたが、地酒と焼鳥おまかせ3本。

焼きが丁寧。わさびでいただくのが、こちらの流儀です。

 

 

水戸市南町の炭火焼鶏「とり三」。

いつもお客様でいっぱい。日本酒の品揃えもイイです。

     

  

こちらでも、地酒と焼鳥おまかせ5本(順番に出てきます)。

タレと塩が選べますが、おススメは塩。美味しくいただきました。

 

  

くろばねの「長兵衛」での定番、もつ焼き(おまかせ5本)。

こちらも人気店。酒場放浪記で有名なお店です。

  

   

宴会でよくお世話になる、駅南の焼鳥屋「鳥吉」。

コストパフォーマンスが良く、いつも助かってます。 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七ツ洞公園 | トップ | Venu's South Indian Dining »

コメントを投稿